続いて、滋賀県へ。
目的は姫路城と同じく国宝の「彦根城」

大河の影響もあり、大混雑かと思いきや、そうでもなかったです。

琵琶湖の東岸に位置するお城で
井伊直継と2代藩主直孝によって20年ほどをかけて造られました。
井伊家35万石の居城です。



今年は築城410年でもあるので、大河が始まれば大賑わいとなりそうです。
天守の前には、看板のひこにゃん。



のぼった景色は・・・やはり琵琶湖も見えました。

城下へおりると、ひこにゃん登場!
ちゃんとイベントで出てきてくれます。子供たちに大人気でしたよ。



すぐ隣にある彦根城博物館には、井伊家の兜も展示されていました。
真田の赤より恐れられた井伊の赤。

お堀もきれいな石垣で出来ていて、、、



このお堀から「キャッスルロード」が続いています。
補助金が出ているので、両脇のお店は統一された基調の建物となっていて
城下町を思わせる、観光客が楽しめるロードとなっていました。
ここは、姫路城負けてるね・・・と思ってしまったっ。


今年も「旅」という人参をぶら下げて、がんばろ〜っと。


そうそう、驚いたのは、以前インドのバラナシを訪れた時に見た絵と同じものが
彦根城博物館にあったんです。
バラナシのムールガンダ・クティー寺院の中に書かれていた絵は
日本人画家 野生司香雪が書いたもの。
その一部の絵が日本で再び再現されて、井伊家に受け継がれていたとか。

自分の旅がつながってた・・・ちょっと感動。


実家に帰っても、旅する中村家。

今回は福井県へ。
宿泊先からは遠かったのですが、行きたかった永平寺へ。


なんともいえない静けさで心洗われた気がします。


なかなか見ごたえありました。
新年の行事もいろいろ行われていて、
普段は見られない聴けない読経もありました。


素敵なものを見つけました。これ、ごみ箱です。
でも「美を護る」と書くと、なんと素敵なんでしょう。
ごみまで愛おしく感じるかもしれません。


今年は「ごみ」を「護美」と書くことにしよう!と決めた次第です。



今日が仕事初めでした。
生活のテンポを戻すのが大変です。。。

久々実家に帰って過ごした年末年始。
2017年は姫路城を拝むことからスタートしました。



人生43年目の初「姫路城と初日の出」の図。
感動したー!

見た場所は男山山上。階段を190段以上のぼって、、、

ひとつ下がったところに千姫天満宮があります。
そこからはまた違う角度の「初日の出と姫路城」の図。



今年はいいことありそうです。

で、そのまま、姫路城を初登頂!
というのも、元日は入場料が無料になるんです。
しかも、大天守にのぼるには整理券が必要。
そして、無事にGET!
なので、母といそいそと出かけましたが・・・

 ↓ こちらは「三の丸」からの写真。



 ↑ こちらは「備前丸」からの写真。

ここで力尽きてしまいました。天守は遠い。。。



あけましておめでとうございます
今年もよろしくお願いいたします

幸多き1年となりますように



姫山にたつ世界遺産 姫路城と2017初日の出(男山山頂より)



クリスマスまであと少し。
この冬も本格的な寒さになってきました。

これが冬の日本海。



こんな景色を眺めながら、しらゆき6号で向かったのは赤倉観光ホテル!



晴天のAKAKANは最高ですね。

夜は・・・AKAKANのBarで ☆★☆ 夜景とともに。



田子支配人と美味しくいただいたのは、アイスクリームのカクテル。
特別に作っていただきました。
夜景も相まって、さらに美味。

そして、本当の目的はこちら。Wedding Party!
かつて「妙高Nature City」という番組があったのを覚えていらっしゃるでしょうか。
その事務局長を務めていた広島君の宴が催されるということで
行ってきました。

高木いくのちゃんの歌の披露もあり、すてきなPartyでしたよ☆



たった1年間一緒だったみんながまた揃うって、素敵ですよね。
そして、おめでとうございます〜。末永くお幸せに〜!
(写真左から、けんじくん、私、広島君、奥様、いくのちゃん)


夜の赤倉の街は、相当にぎわってました。
なんでしょ〜あの盛り上がり。新潟市の古町、負けてるような・・・

インバウンドがさかんな赤倉。
オーストラリア、韓国、台湾、シンガポールなどなど
海外からのスキー客も多くなっているそうです。
英会話の勉強しに、赤倉へスキーっていうのも出来そうなくらいですよ。

アカカンの新館、いよいよ12月26日openだそうで
いつか泊まってみたい、憧れのホテルです〜☆






新しい記事へ  1   2   3   4   5   · · ·   古い記事へ