子供の頃、好きだったテレビアニメに
妖怪人間ベムと言うのがある。

何故か妖怪人間に憧れた。

妖怪人間は早く人間になる為に
良い行いをしなければならない。

妖怪人間は指が三本しかない。
僕は自分の手に指が五本ある事を安堵した。

ベムもベラもベロも外形は妖怪人間だが
その心は正義感に溢れ、まさしく人間そのものだった。

しかし人間は妖怪人間以上に醜く汚い。
私利私欲の為に他人の不幸など知ろうとしない。

妖怪人間はその醜く汚い人間の心に触れる度
何故、人間になりたいか苦悩する。

妖怪人間は人間になりたかった。

人間は何になりたいのだろう。