新潟で着物が似合う場所のひとつ、鍋茶屋通りかしら?

鍋茶屋であった着物の展示会へ行ってきました。

古町芸妓さんの踊りも拝見でき、「日本」を感じた1日でした。
昨年独立された唯一の古町芸妓さん、あおいさん。
相変わらず素敵でした☆



ただ、もっと着物を着る機会を増やしたいなと思うのですが
なかなか無いんですよね。
着ないと、せっかく覚えた着付けを忘れてしまうのです・・・(-.-)
マネキンでも買って、その子に着せてあげるしかないかぁ、、、



京都めぐりは続きます。

続いては三十三間堂。
東に面していて南北にのびるお堂内陣の柱間が33あるという建築的な特徴があるそう。
三十三という数は、観音菩薩の変化身三十三身に基づく数なんですって。
でも中には観音菩薩像が1001体あるんですけどね。(写真NGです)
真っ黒の外観ですが、
本来現存のものが再建された鎌倉期は外観が朱塗りだったとか。
しかも免震構造なんです。
基礎地盤に砂と粘土を層状に積み上げ振動を吸収する技法を使い、
堂内の屋台骨は二重に。
柱や長押、梁も揺れを予測して、羽目板としているんです。
先人の知恵はすごすぎる!


続いて、市中から北上。
貴船神社へ。鴨川のそばにあり、水の神様です。
ここの水占いみくじが有名。
境内のご神水に浮かべると文字が浮かび上がるしくみ。
これが人気で、この長蛇の列。
そして、絵馬はここが発祥なんですって!へぇー。



30分程度車を走らせ、市中に戻り(案外近い)
マエダコーヒーでランチをし、すぐそばの「六角堂」へ。
五木さんの「親鸞」を読んで、気になっていた場所。
比叡山をおりた親鸞が真っ先に訪れたのがここ。
聖徳太子創建といわれ、いけばな発祥の地。
確かにお堂が六角でした。


そして、銀閣寺。
こういう感じいいわぁ。


ここは、外国からの観光客も多かった。
展望台までのちょっとしたハイキングもよい感じでした。



そして、今注目の絵馬が飾られている晴明神社。
昨年7月神戸での公演前に訪れたとか。
ここである理由は2015-2016シーズンのフリー新プログラムが
「陰陽師SEIMEI」だから。



最後は清水さんに向かう産寧坂。
すごい人で、人に酔っちゃった。
外国からの観光客にも人気で、京都らしい雰囲気がいいんでしょうね。



またもっと旅したくなってしまった。。。



昨年大注目となったラグビー。
ラグビーといえば、この高校。伏見工業高校。
少子化の流れとはいえ、統廃合で名前が消えてしまうそうです。
ラグビー部が花園に挑むのも今年が最後となるんです。ちょっと切ない。



この高校の近くにあるのが、伏見稲荷大社。
全国に3万社ある稲荷神社の総本宮。
お正月3が日で270万人が参拝するそう。



鳥居のトンネル「千本鳥居」は有名ですね。
相当数の人で、、、途中外回りしてしまいました。
鳥居の数、千本どころではなく約1万基もあるそう。



次の場所は、光明院。お稲荷さんとは打って変わって、静か。
虹の苔寺とも言われるそうで、白砂と苔の間に並べられた石の姿は見事。



そして、入り口にはこの看板。
「どうでも良いと思われます方は自問の上入山しないで下さい」



うん、その通り!
潔い書き方に気分のよい1日になりました。






今日の2Rhythmでご紹介した「姫路城」

大晦日の姫路城は、登上に3時間待ちでした。ので、断念。


姫路駅から真正面に見えます。



近づいてきました。

お城の前の大手前公園には、こんな露店が・・・
焼き岩ガキ 1キロ 1,300円!
その場で焼けます。


この岩ガキは、姫路市のお隣 たつの市の室津でとれたもの。
今回は見ただけで終わりました・・・。


元旦に欠かせないお雑煮。
関西は白みそに、丸もち。
金時人参や大根、姫路ならではのアナゴも入ってます。
ゆずの皮で香りづけも必須!



お雑煮の後は、初詣。
初めてのお寺。
姫路の山奥の弥勒寺。。。こんな大きな布袋像が!びっくりです。
しかも布袋さんが手に持つ袋に、お賽銭を投げいれるというシステム。
よって、入らずに、頭の上にお賽銭が落下してきます。
元日早々、入る 入った 入らない の大騒ぎの初詣でした。




あけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願い致します。

皆様にとっても素敵な1年になりますように☆