2011年も今日と明日のみ。
そして、今日は番組「2Rhythm」納めとなりました。

思い返せば・・・
今年3月、東日本大震災が起きたとき、私は上海にいました。
そう。
この番組を4月からスタートする予定で、その準備のための渡航でした。
ソウルでの取材を終え、上海に入り、
上海であともう少しで取材終了・・・という時に地震が起きました。
上海でもNHKを見ることができて、その映像に驚くとともに
なにも出来ない自分に気づき・・・。

あれから9カ月。
この間、長野県北部を震源とする地震、豪雨水害などがありました。
すべてが復興とまではいっていないと思いますが
それでも確実に一歩一歩前進しているのは人間の力によるものです。
自然の力には太刀打ちできないけれど、人って実はすごい。
立ち上がれる力を持っている。
震災後落ち込んだ日本の観光も少しは戻ってきているみたい。
少しはこの番組もお役に立てていると嬉しいですが。

年末年始はお出かけされる方もあるでしょうか。
私は久々実家で新年を迎えられそうです。
私の場合、帰省が旅みたいなものですね。
年明け最初の放送では、そんな旅話&お土産楽しみにしていてください!

今年もいろいろお世話になりました。
来年もよろしくお願いします。

なかむらちかげ


久々、昔の熱い時代を思い出しました。
きっかけはこれを見たから。

http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=O-oMokmJ9l4

これは、現在You Tubeで公開されている
SCHOOL OF LOCK!とアディダスがタッグを組んで
”高校生たちの情熱のラストシーン”で綴る
短編ドキュメンタリー・ムービー。


『TEENAGER is all in   THE LAST SCENES
その瞬間のために、僕らはすべてをかけた』

6ヶ月間の密着取材。
高校生の”情熱”の「ラストシーン」を紡ぎ、
激動と混乱の時代の中にも確かにある”青春”の鼓動を伝える
約15分間の短編ドキュメンタリー・ムービーです。


全6編の、”すべてをかけた”高校生たちの物語の1編は
十日町総合高校・吹奏楽部。


中学・高校時代って何故がむしゃらに何かに夢中になれたのか?
私も演劇部で、部員が少ない中、
大会をひとつでもいいからクリアしようと
もがいていたなぁと思い出しました。
そのときの顧問の先生の取り計らいで、
授業に出ずに、大会出場の準備をさせてくれたっけ。
半分、授業をさぼれてウシシシとも思っていたんですけどぉ。


今年はいろんなモノの価値観が変わり
そのことに気づけた1年だったような。
何かやらなきゃ、何かしたい、
ふつふつと込み上げる何か、それをやってみる1年に来年はしたい
そんなことを感じた12月27日です。



妙高サテから雪の便り。
リポーターけんじくんから写真が届きました!

wow!

 alt=""title=""

昨日、帰ろうと思ったら雪が積もっていて
 除雪しないと駐車場から出れず、
更に、カメになり、知らない人に車押してもらったそうです。


日本人の助け合い。
新潟県人は冬になると毎度毎度助け合いしてるんですよね。

 alt=""title=""


映画「聯合艦隊司令長官 山本五十六−太平洋戦争 70年目の真実−」
いよいよ明日23日から公開となります。

12月9日、東映ホテルで三宅義勇作戦参謀を演じられた吉田栄作さんを
むかえてトークショーを行いました。
今日午前11:30からその模様をOAしたんですが、お聴きいただけましたか?

旅先で見る歴史の跡。見方も変わりそうです。
そして、日本ってどうやって今の状況になったのか、
この先、どうやっていくべきなのか、いろいろ考えさせられる映画です。

吉田さんは、楽屋では冗談もいいながらの打ち合わせだったんですが
トークショーで戦争や、役の話になると真剣な表情に。
「映画からいろいろ感じてください」とおっしゃってました!

 title=""alt=""

そして、明日の「2Rhythm」では
山本五十六を演じられた役所広司さんへのインタビューの模様をお届けします。
最後まで戦争に反対していたにもかかわらず
その戦争の指揮を執らなければいけなかった五十六。
今の日本に必要なリーダーシップはこのことかと思えるのでは。
役所さんのお話もどうぞお楽しみに!

 alt=""title=""

以前SOUND SPLASHでOAしましたが
成島出監督、そして、零戦パイロット長岡出身牧野役 五十嵐隼士さんに
お話を伺いました。

 alt=""title=""

この映画へ込めた想い、非常に強いものを感じました。
私は一足お先に真珠湾攻撃から70年目となった12月8日に見させて頂きました。
最後のエンドロールまでぜひご覧ください。
何かがあなたに訴えてきます、きっと。





今日の「2Rhythm」では、北欧ノルウェーのクリスマスをご紹介しました。
ノルウェーではクリスマスのことをjul(ユール)と言います。
12月24日を中心に祝う、1年でもっとも伝統的な祭典のひとつ。
クリスマスイブまでの24日間はイエスキリストの生誕を待ち望む
降臨節(アドヴェント)です。
 
12月に入る前に、多くの子供たちがアドヴェントカレンダーをもらいます。
これには24日分の小さなポケットがあり、中に入れられたチョコレートや
小さなプレゼントを毎日1つずつ開いて、イブが来るのを楽しみに待ちます。
家の中を隅々まで掃除し、クリスマスの飾りつけを済ませ、
7種類の異なるケーキやクッキーを焼くのが 伝統的なアドヴェントの過ごし方。
そして、ノルウェーでクリスマスツリーの飾り付けをするのはクリスマスイブの前日23日。
この日はリトル・クリスマスイブとして知られています。

 alt=""title=""

実家から届いていたアドヴェントカレンダー。
実は今日開けました。
だからいきなり今日は16個のチョコを食べられました☆
みんなで分けましたよ〜!




久々披露宴におよばれしました。

新婦の手紙に涙しました。

幸せいっぱいの会場でともちゃんと☆

 alt=""title=""

袖が長い 振り袖を着たのですが・・・
この意味のご存知ない男性陣が多いようで・・・。
独身のしるしなんですけど・・・。



着付けの認定式、というものがありまして、参加してきました。

そこで披露されたのが「花魁の着付け」
なかなか見られないと思いますので、写真でお届け。
着付けに興味が無い方は、完成図まで飛ばしてくださいな(笑)

 title=""alt=""

 title=""alt=""


 title=""alt=""

 title=""alt=""

帯は前で結びます。
私のテーブルでは「脱がせやすいようにかな」とこの場にふふさわしくない
会話をしていました。すみません。

 title=""alt=""

すてきですね。買うと300万円だそうです!

 title=""alt=""

完成!

 title=""alt=""

履物は高いので、一人では立ちにくい模様。

 title=""alt=""

私も着物で参加でした!記念写真!

 alt=""title=""

一緒に認定されたみなさまと☆

 alt=""title=""

母から贈られた大島紬。出来はどうでしょう?

 style="WIDTH: 144px; HEIGHT: 303px"alt=""title=""  style="WIDTH: 140px; HEIGHT: 302px"alt=""title=""



西鉄太宰府駅→西鉄福岡駅  390円 

あるいて 地下鉄天神駅へ。
  地下街がつながっているので、雨にもぬれず、風にもあたらず、楽々移動できますよ☆

地下鉄天神駅→福岡空港駅 250円

◆12:30 福岡空港駅着

お昼を食べていなかったので、空腹を満たすため
福岡空港第1ターミナル内のレストランへ。

なぜか・・・みんなが「ちゃんぽん」を食べてました。
特に、この建物で働いている人たちが・・・。

ということで、私も「ちゃんぽん」を注文!

 title=""alt=""

うん、美味しい。人気の理由がわかります!
最後は胡椒を入れて、2つの味を楽しみました!

そして、13:45 空港check−in

 title=""alt=""

帰りはオレンジの機体です。
晴れてる中だと、オレンジが映えますねー。

 title=""alt=""

中もやはりオレンジで統一!

 title=""alt=""

◆14:05 福岡発 新潟へ。

搭乗した子供たちだけがもらえるLEDライトキーホルダーを手に、記念撮影。
オレンジの機体に乗ったら、オレンジのキーホルダーなんですって!
だから全キーホルダーを集めるには、全色の機体に乗らないと!

 title=""alt=""

そして、FDAの機内サービス。
驚いたのが、頼んだ飲み物にあわせて紙コップも違うんです。
機内サービスがない航空会社が多い中、ここまでの演出はちょっと感動☆

 title=""alt=""
 title=""alt=""

帰りはこのお2人のCAさん。
今回は制服姿で撮影させていただきましたよ。

そして、日中晴れた中でのフライト。
FDAと山頂が雪の山々。

 title=""alt=""

新潟に近づくにつれて雲が増えてきました!

 title=""alt=""

旅気分、高まる。でも新潟に着くと、旅は終わるぅ〜。

 title=""alt=""

無事到着です。

 title=""alt=""

パイロットのみなさん、安全運航ありがとうございました☆

 title=""alt=""

新潟空港内 到着ロビー。

 title=""alt=""

◆15:30  ただいまー新潟ー!


福岡滞在約20時間の旅も無事に終了。
公共交通機関をつかうと、見知らぬ人との出会いも多く
福岡の街の人々の親切さに触れさせて頂きました。
バスをまるでタクシーかのように、一番前の席を陣どり
あれこれ質問してすみません、運転手さん!
でも親切に教えてくれてありがとうございました!

今回の旅はステキな出会いがありました。
ぜひあなたも旅を〜☆