アマリリス 速報。

だいぶ、茎が伸びました。

もうすぐ咲きそうです。

 alt=""title=""


先日話題にした「白いいちご」 ゲットしました。

滋賀県からのお取り寄せ。
けっこう時間がかかりました。

待った甲斐があるというもの!!

ほんとに、白いよー。


 alt=""title=""


ふむふむ。なるほど。    alt=""title=""

しかも、地上から1mくらいのところに実がなるので、
洗わないで食べてください、と書いてありました。

   通常の赤いいちごの場合は、へたを取ってから洗うと、ビタミンがその切り口から 
   流れ出てしまうんですよね。
   だから、へたをとる前に洗うといいですよ。

で、白いの、食べマース!

 alt=""title="" 



がぶり。 alt=""title="" あまー!


節分のあとは、ひなまつり。

お雛さんを片付けるのが遅いと、婚期も遅れるといわれていますが・・・

飾ってないのがいけないのか、どうなのか・・・。

 style="WIDTH: 244px; HEIGHT: 308px"alt=""title=""

写真下のおわんをよーく見てみて。

握りと椀物になっております。

拡大すると・・・

 alt=""title="" 巻き寿司がかわいいぞ。


予定通りにいかない・・・

できるはずだった。 

食べるはずだった。

そうやって、残っていった「あじのお刺身」。

生ではちょっと怖い。

ではどうするか・・・

火を入れる。

どうやって?

あの手を使おう!

マヨネーズ フライ作戦 決行!

できた☆


 alt=""title="" 思いつきのアジフライ。


ぶり丼です。


 alt=""title=""

ご飯の上に、たっぷりのごま。その上に ぶり。そして、シソ。

で、白いお皿のきゅうりはぬか漬けです。
漬けてみました。
ぬか床が若いので、ちょっとしょっぱすぎでしたが、
もうちょっとしたら、ちょうどいい塩気になるかもっ☆


昨日SOUND SPLASHにゲスト出演してくれた「のあのわ」のデビュー前
お披露目ライブを見に、東京へ行った。

「のあのわ」のyukkoさんはお母様の実家が六日町だそうで
POWER PLAYとして今月から「♪ゆめの在りか」が流れたときには
親戚から”聴いたよ”って連絡があったそう。
そういう繋がりにちょっと感動☆

水曜日の日本。
東京と新潟でこうもお天気が違うのかっ!

 title=""style="WIDTH: 214px; HEIGHT: 268px"alt="" 新宿都庁と青空

都庁前には・・・

 title=""style="WIDTH: 267px; HEIGHT: 182px"alt="" オリンピック招致に向けて。

マスコミでは、シカゴか東京かと騒がれているオリンピック。
大前研一さんが言うには、招致イベント開催費用として都内の全市町村に
一律1000万円支給される。オリンピックよりも優先させるものが必要なものがあるはず。
その声に、そうかもなぁとも思ってしまう。
この写真に写る幕も立派なものだった。

で、新幹線にのると・・・

 style="WIDTH: 230px; HEIGHT: 303px"alt=""title="" スプリンクラー、めっちゃ稼動。

ってことは、雪 降ってんです。

 alt=""title="" まあ、真っ白。

同じ日に、春と冬を体感した1日でした。





新潟の豚肉はうまい!

東京・銀座では越後の豚肉からとったコラーゲンで食べる
越後豚のしゃぶしゃぶ店が人気らしいが・・・

その越後の豚を普段から食べられるのだから幸せモノです。


 alt=""title=""

これに ご飯とお味噌汁で 十分おなかいっぱい。


ピーマン肉詰めスープを リゾット風にしてみました。


 style="WIDTH: 266px; HEIGHT: 207px"alt=""title=""

ピーマン肉詰めというと、ピーマンが半分になってるのが多いと思いますが
それだと、肉汁がこぼれてしまうので
ピーマンの上の茎部分から芯をくりぬきまっす。

野菜は、人参、大根、トマト。
冬の旬 根菜を多く使うと 体もさらにぽっかぽか。


明日はバレンタイン。
この日があるから告白できて、今の人生を歩むことになった
という方もあるんですよねぇ。
私は女子高時代、後輩からもらった覚えがあります。
女子高ってやっぱあるんですよね、そういうことが!

佐渡からチョコが届きました。
何年も前にお世話になった「プチドール」のお母さんから!

 title=""style="WIDTH: 189px; HEIGHT: 146px"alt="" 竹筒に入ってるんです!


バレンタインにあわせた新商品「柿ショコラ」
中に干し柿と白餡が入ってます。
和とチョコがけっこう合います!

 title=""style="WIDTH: 256px; HEIGHT: 201px"alt=""




朝食に、新しいものが!

「プリンジャム」

見た目も底にキャラメルソースがあって、ほんとにプリンみたい!

 title=""alt=""

すくうとこんな感じ。

 title=""style="WIDTH: 161px; HEIGHT: 203px"alt="" プリンみたいだー。

味ももちろん プリンみたいー。

そういえば、最近「白いいちご」が人気出てきているようですね。
20年前くらいから開発がはじまり、しょうやく商品化できるようになったとか。
1粒500円らしいので、まだ口には出来てませんが・・・。
「初恋の香り」という名だそうです。
逆チョコにはいいかもよー。


随分タイムラグがある節分について。

最近でこそ、全国的に巻き寿司の丸かじりしてますが
関西出身の私は、幼い頃からやってましたねぇ。
子供も大人も同じ太巻きを食べられる訳がなく・・・全部食べきるなんて無理無理。
今は小さめも売ってて、食べきれるのはいいけれど
太巻きを黙ったままで食べきるという 少々の困難があるからいいのになぁ
なんて、今では思ってしまいます。
恵方を向いて、食べれましたか?

今年の私は、丸かじりはせずに終わり、ひたすら年の数以上の豆を食べてました。
これのせいです。

 title=""alt=""

升の上にはステキな文字が。

「春夏冬ニ升五合」

なんて読むか。

「春夏冬」=商い (秋がないから)
「ニ升」=ますます (升が2つだから)
「五合」=繁盛 (一升の半分だから)

うまいこと言ってます。日本語は素敵。


そんな今日は鮭ときのこの焼き飯。

 alt=""title="" 

彩りとアクセントにシソをのせて。

黄金チャーハンにすると、なお おいしい。

フライパンを熱して、油を少々入れて、まずはタマゴ。
すぐにご飯を入れて、タマゴとお米の1粒1粒が混ざるように、炒めます。

もっと簡単にするには、
タマゴ掛けご飯を作っておいて、それをフライパンへ投入するとOK!

ご飯が炒まったら、きのこと鮭を投入。 できあがりー!

鮭は事前に下ごしらえを。
うちの冷凍庫には、鮭の切り身がだいたい冷凍されているのですが
その凍ったままの鮭をお皿にのせて、塩コショウ、さらにオリーブオイルを少々かけて
フタをしてチンします。
このまま食べてもおいしいよ☆



先日、「日仏の発酵食をいただこう」というイベントでMCしてきました。
この日は、新潟市とフランス・ナント式の姉妹都市提携調印式がナントで執り行われた日。
ナントとも電話で中継をつなぎ、無事に式典が終了したという一報も
伝えられました。

 style="WIDTH: 235px; HEIGHT: 147px"alt=""title=""

発酵食。
日本・新潟市のものは 味噌、日本酒などなど。
フランス・ナント市のものは ワイン、チーズ。
  中でもワインはミュスカデワイン。お魚料理にぴったりです。

ピクルスを作ったり、ちょっとしたきゅうりの漬物は作っているのですが
ちゃんと熟成させるものを作ってみるのもいいかなぁなんて思いました。

天気や温度・湿度などをみながら一緒に育てる発酵という作業。
最近の日本人は家で味噌や梅干や漬物などを作らなくなり、
時間のかかる作業につきあう感性をなかなかを養えなくなってるのかも。
人の成長って、いろんな困難を乗り越えるからこそあるものなんじゃないのかなぁ。
 

そういえば、こちらは順調に育ってます!アマリリス。

 title=""style="WIDTH: 190px; HEIGHT: 229px"alt="" 花が咲くまではもうちょっと。



この間、番組で本当に自分の年がわからなかった。
34か35か   ん、36? 
おそらく、どこかで年齢を気にしているんでしょうかね。母体的には特に。
かといって、いくつまでにどうしたいというリアルな道を描いているのでも無い。
そういう時は諸先輩方の生き方に頼ってしまいます。

 alt=""title="" doaのみなさんと!

「doa」というバンドは徳永さん(一番右)が30歳になって
”音楽がしたい”と組んだバンド。
すでに音楽業界で仕事をしていたにも関わらず、次の道へと挑む姿はほんとステキです。

ほかにも

阿川佐和子さんはTVに出るようになってもバイト感覚で仕事をしていたらしく
何をしたいのか不明なまま仕事を続けていたそう。
そのときにしたのが、一旦一休みするということ。
帰ってきたときに残っているものが本当に自分に向けられた仕事だと
思うことにしたとか。

小宮悦子さんはアナウンサーとしての生活に生きづらさを感じていたときもあり
その中でも面白いものを見つけ出し、今の立ち位置をつかんだそう。

先日、サテスタ外に、ラジオの世界に入りたいという一人の女性が
メモをとりながら、番組を聴いている姿がありました。
どういうものかわからないけど、聴いているだけではなくて
見に来るとわかるかなと思ったって。

その想いがありつづければ、自分の夢は叶うんじゃないかなと思うんですよね。
夢を追いつづければ、それが現実となる。
想いを持ち続けてもらえるような存在になれるといいなぁ。



1週間に1回はパスタが登場ですね、ほんと。すみません。

でも、ただパスタと混ぜているだけで、おかずにもなる一品ですよ。

私のレギュラー買い置きものに「豚かたまり肉」があります。
これを漬け込んでおいて使うのです。

今回は、豚かたまり肉(ある程度脂部分もあるもの。ありすぎはNO!ないのもNO!)を
ピエトロのドレッシングで漬け込んでおいたものを使いました。

ドレッシングとしてもおいしいから、漬け込むだけで味もしみるのでGOOD。
そこへセロリの葉も一緒に漬け込みます。

そのお肉を1cmくらいの厚さにスライスして、にんじん、セロリ、玉ねぎと一緒に
スープで煮込みます。
お肉がやわらかくなったら、青物を入れて 出来上がり。

 alt=""title=""

冬場は根菜を食べるといいです。
大根をいれても いいかもですね。


先日、東京・代官山で
「BAR SPEED STAR」というところに行きました。

ここは、レコードメーカーのビクター SPEED STARさんが運営しているBAR。
ということで、リリースアルバムがあった風味堂versionになってましたよ。

メンバーの等身大写真POPもあれば、直筆のサインもあれば
ライブで使用した小さいピアノがあれば、直筆の歌詞があれば・・・。

 alt=""title=""

真近で見られるのは ファンにとってはたまらないかも。

 alt=""title=""

昨年12月は斎藤和義さんversionだったそうな。