レンコンの煮物とシーザーサラダ風 を作ってみた!

待てよ。シーザーサラダのシーザーって何?

 alt=""title=""

調べてみると・・・奥深い歴史にぶちあたりました。

1924年7月14日夜、アメリカの国境 メキシコの町ティファナのホテル
「シーザーズ・パレス」での出来事。

時は禁酒法真っ盛り、パーティーのためにハリウッドから国境を越えて人が
ハリウッドからの客がシーザーズ・パレスに押し寄せてきたんです。

その日のシーザーズパレスは、大問題に直面中。

そう、レストランのほとんどの材料が底をついてしまい、
大勢の、突然の客をもてなすことができなかったんです。

そこで、 このレストラン・ホテルのオーナー、シーザー・カーディーニは思いつきました!

カートにレタス、ガーリックオイル、レモン、卵、パルメザンチーズ、ウスターソース、
クルトンとコショウを載せて、客のいるダイニングの中央に運びました。
 
そしてこれらの材料を鮮やかな手つきで混ぜ合わせ、一つのサラダを完成。
 
一夜でこのサラダは伝説となり、西海岸に、全米に、ヨーロッパにまで
広がったんだそうです。

その後、シーザー・カーディーニはホテルを売り払ってロサンゼルスに移り住み、
グルメストアをオープン。
古いワインボトルに彼のドレッシングを入れて売り始めました。

さらに10年後、彼と娘は、会社を作り、瓶詰め、ラベル付きの
オリジナル・シーザー・ドレッシングの販売を本格的に開始。

このドレッシングは、いまでもアメリカ中のスーパーなどで手に入れることが
できるんだそうです。 

1956年にシーザーは亡くなってしまいましたが、彼のサラダは、
いまでも愛されているんですね。


ドバイで買ってきたスパイス。
どうやって食べようか・・・
1週間、鶏肉にまぶして漬け込んだものを ただ焼いただけ!
おいしかった〜!

 alt=""title=""


こちらはいつものパスタです。
トマトソースはやはり上手い!しかし、これもちょっとアレンジして違う感じにしたいなぁ・・・

 alt=""title=""


Snow Jamも終わって、本気の冬モードです。
今年は雪、いっぱい降ってくれるといいんだけどなぁ。
この冬のシーズンプログラムも本格準備開始!ともちゃん始動です。
リスナーのみなさん、一緒に盛り上げってってくださいね。


寒いとあったかい鍋がやはりおいしい!!
一人鍋でもおいしい!はず! にぎやかな中食べるともちろん最高なのだけどね。

先日、お友達をみつけに 
ちょっと前にこのページにも登場したゆかさんのお料理教室にお邪魔しました。

 alt=""title=""

左・カキのリゾット 酒かす風味

右・牛ステーキの七味焼


冬になると、関西ではよく「粕汁」飲んでました!
その酒かすを使ったリゾットとは・・・うまい。
カキの風味と酒かすの風味が絶妙でしたねぇ。

なるほど、酒かすのそんな使い方もあるのかぁ。

お料理しながら話してたんですけど、
「酒かす」って栄養も味もすごくいいのになんで「かす」呼ばわりされるのか?!
「かす」ってくずってことでしょ。
なんかいいネーミングないかしらねぇ・・・

「酒様」 さけさま  だと なんか持ち上げすぎかしらねぇ?



先日、久々あさりを買ってみた。 (しじみをよく買ってたんだよね)
”自分が食べるだけだし”ってことで、いつもはマメに砂抜きなんてしなかったのですが
ほんの一握りほどのあさりを塩水につけて・・・
塩も宮古島の高級品を使用。
あさりに「ほんとの海みたいだろー」なんて語りかけながら。(ちょっと危ないっ私)

1日後。ちょっぴり砂出してくれてました。
もっと出させてみよう!と塩水を取り替えてさらに1日。

なんと!あさり君が だらーーーんと、べろーーーんと、貝殻から身を出して。

やばい。あさり君、力ない感じ。

ががーん。

やはり、、、そうでしたか。 4人のあさり君 さようなら。

残りのあさり君で、このパスタ。

 title=""alt=""


次に失敗しないために、あさりの扱い方!
殻付きは、殻をかたく閉じているもの、水に入れたとき水管を出すものが新鮮だそう。
2〜3%程度の塩水に漬けて冷暗所におきます。水温が15度以下だと
十分に砂を吐かないんだそうです。
薄い塩水に漬けて冷暗所におくと1〜2日間は保存できるようですが、
なるべく早めに使いきったほうがいいみたい。

   私の場合は2日目の砂出しがいけなかったのね。



いやぁ、一気に寒くなって、雪が降って、まさしく「Snow Jam」モードです!!
今年も新潟ふるさと村での開催ですよ☆ 
格安リフト券・ツアーを目指すもよし、初登場の闇鍋(こんな言い方したらともちゃんに怒られるぅ)目指すもよし、
スキー場に行く前に、このSnow Jamをcheckですよ。


新入荷のお皿を初使用。

 alt=""title=""

左・かぶとトマトのシンプルサラダ。

右・牛肉のたたきと春菊


食の安全、気になります。
スーパーでの滞在時間が延びたもん。
原産地名を見て買うと、時間がかかる、かかる。
しかも、いかに国産が少ないか!にびっくりです。

少々お値段も高めですが、いたしかたないのか?!

1m以上ある土付ごぼう。さらに太め。しかも2本も。
スーパーではいいと思って買うのですが、いざ持ち帰ると、食べる人少ないんだけど・・・
自問自答してます。

で、これまた腐らせては・・・ということで、ごぼうづくし!
しかも夜の10時から制作開始。よっぽど、作るのが好きなんだと実感。

ごぼうの皮を削ぐのが大変、大変。
アクをとって、ゆがいて・・・・これは、シーザーサラダのドレッシングで和えてみました。

そして、にんじんと一緒に、定番のきんぴらごぼう。

 alt=""title=""


真ん中は、かぶのサラダ。
スーパーでレジを通るときに、「はっぱいらないよ」という方がけっこう多いのですが
私はちゃっかりゲット!
はっぱだっておいしいぞー!栄養もあるぞー!



何故重なるのでしょうか。
実家から届いたりんご。たまたま買ったりんご。
りんご、りんご、りんご。
腐らせてはもったいないので、久々作りました!

完成!「アップルパイ」

 title=""alt=""

中身の「アップルフィリング」と、生地が少々余ったので
こちらも!

 style="WIDTH: 222px; HEIGHT: 164px"alt=""title="" こちらは小さめね。

最近の朝食はこのアップルパイをあたためて、紅茶とともに!
もちろん、夕食後の小腹すいたときにもいいですよ。

 alt=""title=""