このお皿、お気に入りです。
凝りだすとずーっと使ってしまうんですよね。

越野牛のたたきサラダ。

 style="WIDTH: 272px; HEIGHT: 207px"alt=""title=""

上にはアスパラガス。

お肉の下には、水菜がいっぱい盛ってあるのですが、見えないですね・・・


kama続きです。

飛騨牛に続いて・・・白海老釜飯。
じゃん★チン☆で完成です。

 style="WIDTH: 217px; HEIGHT: 163px"alt=""title=""

カマ以外にもらーめんもあり!
小浜ラーメン。これは、毎回高速に乗るたびにわざわざ買い求めているものらしい。by両親

 title=""style="WIDTH: 221px; HEIGHT: 281px"alt="" たしかに出汁が利いている。まいう〜。

ネギぐらい、入れればよかったかしら?!

ってことで・・・サラダを!
 style="WIDTH: 224px; HEIGHT: 179px"alt=""title="" NEW皿 です。
葉っぱの絵柄付。


このどんぶりは、私が高校を卒業して、上京し、初めて一人暮らし(といっても寮だが)を
するときに、渋谷のLOFTで買った最初の器。
今でも大事に使ってます。
最初はこのどんぶりと、お皿1枚、おわん1個、お茶碗1個、はし1膳からスタートしたのです。

それが、今ではねぇ。

時が経ったのを感じますねぇ。。。


SA、PAでのお買い物シリーズ。

この釜飯。レンジで10分間チンするだけで、OK。
飛騨牛がうまい☆

 title=""style="WIDTH: 242px; HEIGHT: 183px"alt="" 

ご飯を炊いていないときにはちょうどよいですね。
10分間チン中に、おかずを用意すればOKなわけで・・・

 title=""alt="" はい、完成☆

これだけでお腹いっぱいです。
けっこう量が多いんですよぉ。

さて、北京オリンピック、終わっちゃいました★
ソフトボール女子には本当に感動をいただきました。

私が気になっているのは、柔道の鈴木選手。
日本選手団の主将をつとめて彼は、
試合後、「体調は万全だった」「僕が足りない」と語りました。
この勇気はすごいなと。
「実は体調がよくなかった」って言ったってよかったはず。でも潔く負けた自分を認めた。
次の試合ではいいものを見せてくれるんじゃないかなと思います。


最近のメニューは・・・
冷蔵庫を見て作ってます。

あら、やばい、トマトがジュクジュクに・・・
そうなると、スープにするしかないっ!
冷凍庫の中の海老と、冷蔵庫の中の小松菜・しめじを入れて。

塩コショウ、コンソメで味付けして完成☆

 style="WIDTH: 240px; HEIGHT: 180px"alt=""title=""


これだけじゃあ、なんか足りない。
ってことで、冷凍しておいた豚を焼いて細切りにし
青菜の上にのせて、解凍したアスパラをのせて
ドレッシングをかけて出来上がり☆

 alt=""title=""

残り物には福がある?!


たまには電車もいいですね。

半分 眠ってました☆

 alt=""title=""

お盆真っ只中、直江津駅で。新潟行きの列車は行列。
電車って本を読めるから好きなんですよね。
バスとか車だとすぐに気分が悪くなるので、ちょっと苦手。
旅に行く前には、どの本を持っていくかに相当悩みます。
小説は1冊前日に読んでしまったので、手元にあるのは地球の歩き方。
旅に行く夢だけを描いて、読んでます。

たしか、学生時代 卒業旅行でトルコに行こうと思い
熟読していたのに、行かなかったっけ。
でもその後、新潟にきてトルコ文化村があって、行ったことないのに
行った気で取材しちゃったっけなぁ。





野尻湖での朝。
前日は霧でなにも見えなかったですが、
朝は、太陽が出ていないものの 湖を眺められました。

きらきら光る湖面があるともっといいんでしょうね。

 style="WIDTH: 201px; HEIGHT: 268px"alt=""title="" 上着が必要なほどの寒さ。

でも、水上スキーをしている人たちが湖面に!!  style="WIDTH: 169px; HEIGHT: 226px"alt=""title=""  
風邪ひくわよっ。

この景色の中を散歩してそれから朝食。
バイキングなんですけど、こんなふうに盛り付けして、パシャ☆

 alt=""title="" なんかちょっと雑誌みたい!

旬のもの、地場のものがたくさんです。


大変なお天気だった今年のお盆。
お天気がよくないだけで、旅の思い出がよくないものになってしまうんですよね。

童話館に立ち寄りました。
すっごい霧☆ さっきまで草を食べる牛たちが見えていたのに・・・霧が・・・

 title=""style="WIDTH: 191px; HEIGHT: 243px"alt="" ひどい霧です。


でもこんな可愛い動物たちがあちらこちらに! 白樺の木で作られています。
 style="WIDTH: 204px; HEIGHT: 150px"alt=""title=""


童話館に愛らしいぬいぐるみたちも居て・・・
絵本の紹介なんですけど、こうやってぬいぐるみになってると
子どもたちが大はしゃぎです。 私はこれに大はしゃぎ☆ 可愛いのもそうだけど
肌触りがよい! 観点が大人だ。

 title=""style="WIDTH: 142px; HEIGHT: 180px"alt="" ムーミンです。ふわふわぁ〜。




お盆というのは帰省する方が多いのでしょうが、
うちの場合は、両親が新潟へやってくる確率が高い!
商売をしているのでカレンダーどおりにしか休めず、
その休みの度に車で新潟へ。
来るたびに、途中のSA、PAで買ったお土産をもらう。

「これはあのSAにしか売ってないねん。わざわざ高速降りて買ってきてん」

そんなふうにやってくるのだが
一日一緒にお泊りできる時間があり、野尻湖まで行ってきた。


ディナーでは、テーブルでこんなお出迎え!

 title=""style="WIDTH: 110px; HEIGHT: 148px"alt=""

東京では何店舗もあるAW kitchenが入り、新たしくなったこのホテル。
いやぁ、お料理の参考になるわぁ。
食材がいいからそのまま食べることがむしろおいしいものが多く・・・
これは、器が欲しくなったね。

 title=""style="WIDTH: 178px; HEIGHT: 240px"alt="" 
これに温めたチーズソースをつけていただきます。

アスパラガスに、きゅうりに、かぼちゃに、にんじん、トマト、カブ、ラディッシュ
などなど。

メインディッシュも載せちゃいますか?
こちらはお肉料理。鶏です。 これまたお皿がおっしゃれー。
もちろんお味は美味。

 style="WIDTH: 249px; HEIGHT: 177px"alt=""title=""




最近、かぶりついてます。

 title=""style="WIDTH: 171px; HEIGHT: 129px"alt=""


オリンピックに感化されて、エネルギーがすぐに表れるというバナナを
ほおばり・・・。
でも身体は動かさず・・・。
また、すぐに筋肉痛になる身体に戻りそうです。
ゴルフ明けの痛み、なくなったところなのに。

何故に継続って難しいのでしょうかねぇ。

オリンピック選手を見ていると、4年に一度の勝負のために
様々な困難を乗り越え、解決し、さらに成果をあげるために努力し続ける・・・。

はやり自分に勝たなければいけないんですかね。
相当な精神力が必要なんですね。凡人にはマネできないかぁ。

8月17日(日)FM−NIIGATAでも女子マラソンを中継します。
出場するはずだった野口選手の辞退−−相当悩んだ決断なのでしょう。
だって、この日のために4年間頑張ってきたんだから。

お盆終盤、いろんな想いでマラソン中継を聴く、見ることになりそうです。

その前に、北島選手がまた金をとった!
凄すぎる☆
いろんなことが学べるオリンピックだわ。


ゴルフpart2.

新関プロから教わったことで、いろいろ へぇーと思うことがありました。

ゴルフは生涯スポーツといわれるけど、それだけではない!

プロとアマが一緒に戦えるのはゴルフだけ。
−たしかに!

しかも、点数が低ければ低いほどいいのもゴルフの特徴!
−なるほど。

ゴルフ場の設計はどうやってしているのか。
基本的に設計者本人がゴルフが上手い人が多いそうで
自分が有利なコースを作るんだとか。
シングルプレイヤーはドローを打つ人が多いので、そういうコースが多くなるよう。

クラブの出来はどうやってみる?
ショップで”通”なところを見せたい方は「8番アイアン見せて」と言うと、いいらしい。
8番を見ると、そのクラブ自体の良し悪しが計れるそうです。
8番は作るのが一番難しいからだとか。

プロでも前のホールでの失敗を引きずる事があるのか?という問いには
「ありますよ」って。
でも、災難は小さいうちに手を打つのがいいとのこと。
災難がおきたことを悔やむのではなく、今の災難を最小限で食い止められたと思うことで
次に進めるんだとか。
これは、仕事でも恋愛でもいっしょかもしれませんね。
この点についてだけは、私もあーだのこーだの言えるわぁー。

災難時にどう対処すればいいのか。
・短いクラブで対応したほうがよい。
・林やバンカーに入った時にはまずフェアウェイに出すことが先決。
  →だいたい、いいラインを狙いすぎて、さらに土つぼにはまる。

けっこう頭ではわかるのに、いざという時に行動にうつせないことが多いような・・・。


私の場合、いっぱい打ったけど、楽しけりゃいいのさー。
お風呂も大きくて、女性が気にするアイテム(シャンプーだとか)もいい香りのもので
満足、満足!
帰りの夕陽もきれいだったしねぇ。

 alt=""title=""



いやぁ、楽しかったけど、今日は筋肉痛がすごい☆
普段いかに身体を動かしていないか、というのを実感させられました。

中峰ゴルフ倶楽部で行われた ビギナー向けゴルフ教室
「新関善美ゴルフアカデミー」へ参加してきました!

新関プロは山形県のご出身で、1989年にはワールドカップスペイン大会の
日本代表としてプレイされたこともある方!
折りしも、北京オリンピック開催中ということで、そのときの体験話も聞かせてくれました。
2人しか参加できないこの日本代表。
いつかやってみたいと思っていたところへ、そのチャンスがやってきたそうです。
その前年にはジャンボ兄弟が日本代表となり、2位という勝利を得て帰ってきたため
そのプレッシャーもすごかったんだとか。
36カ国が参加したこの大会。会場では、1年に20日間程度しか雨が降らない気候なのに
この大会のときには大雨&霧。
開会式に日本の旗を持って入場する夢は、雨での飛行機の遅延で断念。
しかも6日間実施するはずのトーナメントも雨のため超縮小されたとか。

そんな中で、異国で最高のプレイをしなければいけない選手というのは
ほんと大変なんですって。
だから、「楽しんできます」という選手ほど、結果は残せないと感じていらっしゃるそう。
このお話を伺っているときには柔道の谷選手の銅メダルがすでに決まっていたので
谷選手の気持ちが痛いほどわかるんだそうです。

また、そういう壁を越えるからこそ、メンタル面で強くなり、しっかり結果を出せるんだとか。


 title=""alt="" 新関プロから受講証をいただきました。

18歳まで野球をしていた新関プロは、プロ野球ではやっていけないということで
ゴルフに転向。そして、栄冠をたくさん勝ち取っています。
このきっかけは、1956年のメルボルンオリンピック レスリングの金メダリスト笹原正三さんが
ゴルフをすればとアドバイスしてくれたそう。
やはりメダリストの言葉は重かったとか。

このようなアカデミーを開くことで、同じようにたくさんの方々へゴルフのきっかけ、楽しさを
伝えてらっしゃるんでしょうね。

PCのキーボードさえ打つのが痛いくらい、筋肉痛です。
プロにしごかれた証でしょうか。ああ、いたい、いてててて。


新潟まつりだ、イエイイエイ☆
非常にハイテンションです。
祭りもなのですが、うちに新しいゴミ箱が届いたことによる効果が大。
さらに調理が順調に進みそうです。

一見きれいっぽいところでも、さらにキレイにすることで、
見ている側が気持ちよくなるのですよね!!


冷蔵庫を見ると・・・
おつとめ品シールが貼られた「牛肉のたたき」が〜!
やばい、早く食べねばっということで
お豆と玉ねぎのサラダをのせて、ベランダから緑を収穫して
出来上がり☆

 alt=""title="" 

おいしいのもそうですが、安上がり〜 これが一番うれしいな。



出ました!8月4日!

いつもはインタビューする側なのですが、今回新潟日報の記者さんより
インタビュー受けまくりでした。
聞かれて答えて、そこで初めて気づくことも多々あって。

大きすぎるほどのタイトル「プロとして」なんて出てますが
「プロ」だなどと大声で言えるほどの大きな自信はまだまだ無く。

もちろん、これを”職”としている以上、「プロ」でなくてはならないのですがね。


 title=""alt=""


新聞にもありましたが、中学から演劇部だった私。
俳優・女優の世界は、日の目を見る方というのがほんの一握り。
ある俳優さんが言ってたんです。
10年続けて初めて一人前 と。

そして、いつだったか、デビューしてから長い期間を経て、ようやく皆に知られるようになった
アーティストの一人が言ってました。
オレが売れたんじゃない、周りがいなくなっただけ、続けることが大事だ と。

   冷静に自分を見つめられるこの姿勢もすごいなと思います。

昔から、一度はじめたことは最後までやりたかった性分みたいです。
小4は卓球部、小5は算数研究会(なんじゃこりゃ?)、小6はバトン部。
中学・高校 演劇部。卒業がきたから部活を辞めただけ。
大学は放送研究会。
今、社会人になり13年目。 私の思う”本当のプロ”までは、まだまだです。
これからも日々精進ですっ!!叱咤、お待ちしています。


今でも持ってるんですよ。
マイクの前で話し始めて、最初にいただいたFAX・ハガキの数々。
         メールじゃないところが時代を表しているかも。
落ち込んだとき、失敗したときこそ、これらの「叱咤」を見るようにしてます。
記事にもなった関西弁についてならば、例えば
  「関西弁がしゃべりたいなら、関西行けば〜」とか。
  
へこんだ状況のときにこそ、自分にとっては辛いこと
例えば、こういった言葉を冷静に受け止めること。
そして、嫌いな人がいる事実を知ること。
しかし、そんな自分を逆に好きな人(一番近いところでは親なのかな)がいるのも事実。
その中で、自分を好んでくれる人のほうがより多くなってもらうのにはどうすればいいのか。
これは、自分で探して、自分でしか見出せない答えなのかもしれません。

自分が一番の敵なのですね。


でもでも・・・・

最近ピラティスのDVD買いました。まだ2回しかしてません。
体が相当硬い私。毎日柔軟体操でやわらかくしようと自分に誓いました。
3日やって、その後ずーっと休んでます。

えらそうな事言ってて、できてないんだな・・・。
料理だけは続くのになぁ。何が違うんだ??




ベランダで育ってます☆
今までコップで水やりしていたのですが、さすがに葉っぱが伸びで来ると
やさしい水やりをせねばならず・・・。
これまで、どばっと水をあびせられてたんだな。

 alt=""title=""

如雨露といったら、やはりこれでしょう!
昔、ラッキー池田さんが頭の上に乗せてたっけ?
いや今でも乗せてる。このあいだ教育TVで これを乗せてダンスしてた。

夏野菜がおいしいです。
トマト、アスパラ、おくら。
ゆでるだけの、栄養いっぱい簡単な一品です。

 alt=""title=""