フレンチ その2 「黒豆とソーセージのスープ」
            Soupe haricot noir et saucisson

ソーセージと豆がごろっと入った食べ応えのあるスープです。

まずは黒豆を一晩水に漬け込んでやわらかくするとこおからスタート。
玉ねぎを炒めて、そこに摂りにブイヨンを注いで、黒豆、にんにく、ソーセージ、
トマトペーストを加えて煮込みます。

その後、トマトの乱切りを加えて、味を調えて、出来上がり☆


 title=""style="WIDTH: 269px; HEIGHT: 203px"alt="" 

色は黒いですが(豆の色がスープに溶け込んでます)、トマトペーストが味を深めていて
さらにソーセージの旨みも追加され、goodです。


 title=""alt=""

こんなメニューにして食しました☆



ようやくフレンチに挑戦!

これは「牛バラ肉の赤ワイン煮込み」 Boeuf bourguignon

2日間、牛バラ・玉ねぎ・セロリ・にんじん・にんにくを赤ワインに漬け込むことからスタート。
根気がいります。
しかもそのマリネを毎日見てあげて・・・まるで我が子の世話をするよう?!
あっ育てたことないですけどね・・・(笑)

マリネの後、お肉だけ先に焼いて、
そのお肉とともに、マリネに入っていたものは一緒に煮込みます。
トマト・ペースト、ジュ・ド・ヴォライユを入れて、2時間くらい。
 
 このジュ・ド・ヴォライユ。名前だけ聞くと、ほーどんなもんやねん!と思いますが
 チキンと野菜を野込んでとったスープのこと。
 私はこのスープを摂るのが面倒なので、市販のフォン・ド・ボーで代用しました。

煮込んだ後、スープはこします。これが・・・ん〜面倒。
つまり、マリネ液に漬けてたものは全部出汁をとるためのものなのですねー。
 (これがあったので、ジュ・ド・オライユは怠けてみた)
すごい!この手間のかけ方が、普通家庭ではなかなかしないことなのでしょう。
煮込んだ玉ねぎもにんじんもセロリも食べようと思えば食べられますから。

で、完成ではなく、まだまだ先があります。

こしたスープに、炒めたベーコン・小玉ねぎを入れて、お肉も戻して
一緒に煮込みます。
塩・こしょう・お水で味を調えて、できあがり☆


 title=""style="WIDTH: 203px; HEIGHT: 280px"alt="" 

これだけ時間をかけて、手間をかけて、出来上がったのはこのお皿3杯分程度。
あ〜。しんどい。
フレンチが高いのは納得です。

以前、このページで紹介した「フォション」のフォン・ド・ボーを使ったシチューと
そんなに味は変わらない気がしたので、今後はそっちの作り方でやろうかと思いました。
家庭で作るには、適度に代用品を使い、時間を短縮することが必要ですよね。


日本人でよかったと思うのは、お味噌汁を飲んで、ほっとしたとき
じゃ あ〜りませんか?

万能ねぎを散らして・・・

 style="WIDTH: 230px; HEIGHT: 165px"alt=""title=""

やはり、サラダとともに・・・
豚のピカタ、カラーピーマンの炒め物と添えて。

 style="WIDTH: 200px; HEIGHT: 258px"alt=""title="" 

これにお味噌汁をあわせれば栄養もたっぷり☆


田植えも終わって、新潟の田んぼもこれからより青々してきますね。

食卓も葉っぱ葉っぱで緑 緑 緑。
サラダを食べないと、なんか調子が悪い。
お通じもよくなりますしね。

赤いお皿には緑が映える。毎日がクリスマス?!っぽい食卓だ〜

 style="WIDTH: 248px; HEIGHT: 167px"alt=""title="" 
   
  豚としめじのしょうが焼き、 あおあおサラダ シラス乗せ  


そして、野菜をとるなら、やぱりコレ!
カブって最近安いですよね。
3株もあると、漬物にしないと、すぐにしんなりしてしまいます。

左から
 カブの酢漬け、カブの葉マヨネーズ和え、レンコンのきんぴら

 style="WIDTH: 248px; HEIGHT: 169px"alt=""title=""  私の定番です。

続きまして・・・
野菜てんこ盛り プレートの出来上がり☆
カブのスープと共に!

ピーマン・エリンギ炒めを乗せた豚肉と、葉っぱたち。

 style="WIDTH: 250px; HEIGHT: 173px"alt=""title=""




朝からカレー☆
一度カレーを作ると・・・何日たっても減らない。
朝まで侵食中。

本当はチャイを飲みたかったのだが、単なるミルクティーになってしまってます。

 style="WIDTH: 183px; HEIGHT: 234px"alt=""title=""


これからの季節、食材には注意しないとですよね。
カレーも作ったら、すぐにタッパーに入れて冷蔵庫置きしないと
蓋を開けてびっくりってことになります。ご注意を。

じゃがいもは冷凍できません。つぶしておけばOK。
そのままタッパーで冷凍すればいつでもチン☆できますよ。


もやまた肉が食べたくなった。
しかも、がっつり☆

カツレツ風にしてみました。
卵を使わず、豚肉にマヨネーズを塗って、パン粉をまぶす。
それを焼くだけ!ちょっと油を多めにして、揚げ焼きしてカリッと仕上げます。

 alt=""title=""

そのカツレツの傍らで、ゆでたジャガイモを焼きます。
表面をカリッと仕上げます。なかはほくほく。
事前にゆでておくことで、仕上がり時間を短縮できます☆
しかも、お肉と同時進行で焼けるので、これまた効率的。


たけのこパスタに挑戦!
焼いたたけのこも風味がよいです。
旬のものを口にするのは、体に一番よいんですってね。

たけのこはアク抜きが大変ですけど・・・

 alt=""title=""

たけのこと小松菜とベーコンのパスタ。
ベーコンの塩味だけで十分!

煮物だとちびっこはなかなか食べないかもしれませんが
コレだときっと食べてくれますよ☆



想い、想われ、振り、振られ。
顔にできるニキビの位置でこれがわかる・・・昔よく言ってましたね。
今ではニキビではなく、吹き出物だと言われそうですが。
しかも、単なるビタミン不足?!

そう、想われニキビが出来ました。
で、ビタミンいっぱいなメニューに!


 title=""alt=""

シーザーサラダと、筑前煮。
根菜いっぱいです!



と、平和なページをアップしていますが、昨日は中国で大地震がありました。
新潟の人にとっては決して他人事ではない地震。
しかもM7.8という大規模なもので、甚大な被害をもたらしています。
天災を防ぐのは難しいですが、なんとかならないものなのでしょうか。
インドプレートがユーラシアプレートに入り込んでいっているためヒマラヤ山脈ができ、
プレートの境界線では、ユーラシアプレート側が年に3〜5cmも動いているそうですね。
今回の地震1週間前に、カエルは数十万匹が大移動していたそうです。
これは・・・地震予知を動物がしていたということ? この立証はできないようですが、
予知ができるものならば・・・と思ってしまいますね。
被害の早急な全容解明と、被災者の方へ援助が隅々まで渡ることを祈ります。


旬のたけのこ、満載!

実家より届いた
たけのこご飯に、焼き漬けたけのこ、たけのこの煮物。

 style="WIDTH: 251px; HEIGHT: 172px"alt=""title="" 

木の芽、昔は余分なものって感じでしたが、今はこれがないと困る。
味覚は年とともに、変わるのですねぇ。


ごまさばが安かったので・・・・半身 100円でした。
鯖の味噌煮です。
しょうがを思いっきり入れて、しその葉を添えて、いただきました。

 alt=""title=""

赤味噌なくても、まあまあいけましたわよ。

トマトにもしそを添えて。 style="WIDTH: 195px; HEIGHT: 158px"alt=""title=""

 style="WIDTH: 172px; HEIGHT: 125px"alt=""title="" 前日のスープの残り。緑を添えて。
                       いんげんです!


出ました。GW中の作りおきメニュー。
定番のチキンのトマト煮。 最近ではスタッフからもメニューが循環してるよね
って言われてます。


 style="WIDTH: 217px; HEIGHT: 162px"alt=""title=""  これは単品で!

そしてフィトチーネを使って   alt=""title=""
小松菜とベーコンのパスタ。
小松菜をしゃきしゃきのまま仕上げるのがコツです。

 style="WIDTH: 229px; HEIGHT: 172px"alt=""title="" 例のトマト煮。
                        単品の後は、ご飯にぶっかけて!!


実家から鹿児島産黒豚チャーシューが届きました。
それを使って、チャーハン!!

黄金チャーハンを作るには、フライパンに油を敷いて、まず卵を入れます。
半熟状態のところへご飯をIN。
お米の一粒一粒に卵がからまるように混ぜ合わせ、
最後に、炒めた具材をからめて 出来上がり☆


 alt=""title=""



     このスープと共に!   style="WIDTH: 228px; HEIGHT: 167px"alt=""title=""
豚のかたまり肉を一口サイズに切って、玉ねぎと共に煮込むだけ。
コンソメの素、バジル、コショウで味付けして出来上がり。





どうしても食べたくなったハンバーグ。
でも家には卵がなかった・・・人肌でもみもみ・・・無理やりこねて作成。
ケチャップとソースの濃厚ソースでいただき☆


 title=""style="WIDTH: 262px; HEIGHT: 171px"alt=""


信濃川と桜もいいけど、姫路城と桜もやはりイイ。
地元の親友が写真を送ってくれました。
なんでも、私がこのページに料理ばかり載せているものだから
ネタがないんちゃうかなーだって!!

           title=""style="WIDTH: 229px; HEIGHT: 178px"alt=""

  title=""style="WIDTH: 218px; HEIGHT: 162px"alt=""  title=""style="WIDTH: 219px; HEIGHT: 162px"alt=""

そんな姫路で開催中なのが、全国お菓子博。

 style="WIDTH: 149px; HEIGHT: 205px"alt=""title=""      style="WIDTH: 142px; HEIGHT: 207px"alt=""title=""  会場内の新潟ブースです。

 style="WIDTH: 228px; HEIGHT: 151px"alt=""title="" 新潟のお菓子もがんばってます☆

会場内はどこもかしこも2時間〜3時間待ちだったそう。
両親が出かけた日には入場ストップもあったとか。
お菓子で出来た姫路城や地球、工芸菓子もあるのに、
まったく見ることができずに帰ってきたそうです。

以上、姫路の特派員 父・母 リポートでした。