栄養をつけようと・・・ひとりステーキ。


 title=""alt="" 

塩コショウとバジルソースで、和伊折衷。

焼き方はもちろん、レアでっ。 高い部位には手が届かなかったぁ〜。


デザートは、ルレクチェのワイン漬け。  style="WIDTH: 188px; HEIGHT: 134px"alt=""title=""


週末、遅めの朝食は・・・ これ!

 alt=""title="" 朝の光が注ぐ中・・・

パンとサラダと目玉焼き。 

小瓶はブルーベリーのジャムです。
最近、もっぱら視力が低下している私。
少しでも目にいいものを・・・とブルーベリーを食べて、食べて、食べて。
ジャムだけでなく、お茶もブルーベリー茶にして、ブルーベリーのエキスがつまったカプセルまで購入。
これがけっこうするんだよ。高いんだよ。


久々に手にした「2000円札」
なかなか出会わないよね、このお札。  よーく見れば沖縄の「守礼の門」が描かれている。

 title=""alt=""


そして!今度のメニューは・・・
新じゃがを使ったサラダに、鳥のから揚げ。
                  新じゃがも鳥からに見えてくるぅ〜

 title=""style="WIDTH: 211px; HEIGHT: 159px"alt=""   title=""style="WIDTH: 221px; HEIGHT: 156px"alt=""


出ました、豚足。
沖縄の市場で見たときよりも、グロテスクなのは何故なのだろう?

 style="WIDTH: 221px; HEIGHT: 155px"alt=""title="" 鳴き声以外は食べられるという豚。

骨までしゃぶって・・・・ コラーゲン、コラーゲンと言い聞かせ・・・。


 そして、「アグー」 のソーセージ    style="WIDTH: 219px; HEIGHT: 164px"alt=""title=""

「アグー」というのは、マボロシの豚。
沖縄で飼われていた在来豚とよばれる黒豚です。
文献によれば、14世紀に中国(明の時代)から豚が持ち込まれたらしく、
第2次大戦で数が減少してしまいますが、食糧難を心配したハワイに移住した沖縄県人から
350頭の白豚が送られ、食卓は守られました。
戦後落ちついたところで、アグーの数は18匹程度に。
在来種を絶滅させてはならないということで、沖縄の人が立ち上がり、アグーが復活。
幻といわれる所以なのでしょう。

数が減らないと気づけないこと、他にもありそうな・・・。


先週の(金)SOUND SPALSHでは
自販機で売っている「ハバネロ缶」話で盛り上がりましたが・・・

うちで作ってみた「トムヤムクン」。
けっこう辛いです。

 title=""style="WIDTH: 218px; HEIGHT: 154px"alt="" 色も辛さを表現?!


他のおかずで、口の中の火を冷まさねばならず・・・水の見たい気持ちも抑えて抑えて。

  翌日のスープはもっと辛い!  title=""style="WIDTH: 268px; HEIGHT: 194px"alt=""
毛穴から火が出ますっ。血液のめぐりがよくなった感じ☆

右下の黒いお皿は・・・沖縄の角煮の残りです。ねぎをいっぱい散らして。



和の総合商社やぁ〜。


 title=""style="WIDTH: 256px; HEIGHT: 168px"alt="" 

     春菊とベーコンのそばパスタ、水菜のサラダ

そば粉もパスタになるんやねぇ〜。
そば粉で作られたフィトチーネが実家から送られてきました。ようやく調理を・・・。


先日、新年会を数名で実施。
幹事の千葉っちが予約をいれてくれたら、こんなメッセージがテーブルに☆

 style="WIDTH: 113px; HEIGHT: 129px"alt=""title=""  お買い上げ、毎度アリっ。

そんな千葉っちに・・・ 「あれ、自分のために作ってんの?」
「はい、いけませんか。」と私。
「うそでしょー」と千葉っち。
すると、すかさず私は「いえね、写真の後、タッパーに入れて保管してるわけっ」と。
なるほど顔の千葉っちでした。

 style="WIDTH: 197px; HEIGHT: 144px"alt=""title="" 毎度の豆サラダ。盛り過ぎ〜ですから〜。

新田ねえさんも実は料理好き。おつまみが得意だそうな・・・
今度教えてもらおう。



魚介シリーズ。

なんでか週末にはお刺身を食べているような・・・。
生ものは、その日のうち食べねばなので、作り置きとか、買いだめができないのよねぇー。

まずは海鮮丼。

 title=""style="WIDTH: 269px; HEIGHT: 198px"alt=""  漬けです。

終わりかけのスーパーでお刺身購入。いくらか割引になってるんでね。
お得感、いっぱいです☆
万能ねぎをいっぱい入れるのが私のおすすめ。


そして、たまには ご飯と別にしてみる。

おなかの中では一緒になりますが。  title=""style="WIDTH: 265px; HEIGHT: 189px"alt=""

あっ左上のお皿ね、わかめじゃないよ、サラダだよ。


イルミネーションってステキ☆
昨年12月17日で終わった神戸の「ルミナリエ」の写真です。
親友が送ってくれました。

毎年、これを誰と見に行ったのかを書き添えて送ってくれるのですが
毎回「姉妹と」とか「ひとりで」とか「女友達と」ばっかり。

神戸市在住の作品プロデューサー今岡寛和氏さんに ルミナリエ初年度に
インタビューをしたことがあったのですが、そのときは今岡さんも独り身でした。
が、その後、あの近藤サトさんとゴールイン。


 style="WIDTH: 230px; HEIGHT: 280px"alt=""title=""


                                    alt=""title=""

この光の裏側には、いろんな想いがあります。
その後、東京・丸の内でもミレナリオが実施されました。
本当は先に東京でこのイルミネーションイベントを実施する予定だったのですが
阪神・淡路大震災が起きたために、神戸の人たちを元気付けようと
神戸での開催が決まったのです。

16日で、中越沖地震から半年過ぎましたね。

光の重要性って暗闇にならないと気づかないものなんですね。

当たり前のようにしている日常のありがたみ、これも年をとらないとわからないんだなぁ。


イチロー選手と同い年なのだが、どうしてこうも違う生き方なのだ。
そりゃ、才能が違う。

彼は7年間毎日、朝食兼昼食がカレーなのだそう。
弓子夫人が作るカレー。
冷凍庫には作り置きもたくさんあるそうだ。

毎日同じことができるということで、その日のプレーも同じように出来る
ということなのだそうだが・・・・。
一人暮らしの私。毎日カレーは相当飽きるんですがねぇ。

そんな話に触発されて作ってみたカレー。
スーパーで新じゃがを売っていたので、それを使ってみました。


 alt=""title=""  しかも雑穀米使用・カレー。


 style="WIDTH: 269px; HEIGHT: 195px"alt=""title=""

これ、わかります?
関西ではなくてはならないモノ。 うちだけかも知れないけれど。。。

関西の味を出したければ、使うべし!

私が18の時、大学で寮生活をする際に母がこのスープを持たせてくれました。
関西が恋しくなったら食べなさい、と。

粉末のこのつゆの素。すばらしくおいしい。
東京に住んでた頃、売ってなかったのですが、最近は新潟でも売ってますね。
されど粉です。

  これで食べたおうどんは・・・  style="WIDTH: 225px; HEIGHT: 153px"alt=""title=""


そろそろ手料理のアップのリクエストが来ましたので・・・
まずは、沖縄で買ってきた豚の角煮の行く末を。

えー、たれが辛いです。甘いです。つまり濃いです。相当濃いです。
私が作る角煮の何倍でしょうか。

ということで・・・
白菜、ねぎ、お豆腐を入れて ちょっぴり濃さを軽減させてみました。

         style="WIDTH: 206px; HEIGHT: 143px"alt=""title="" 豚の角煮 ちかげ風


そして、大好きな生春巻きサラダを添えて。これは出来合いモノです、ハイ。

 alt=""title=""


関西の味ってやはり薄いのねぇと実感した食卓でした。


今度は晴れた日に来たいなぁ。   style="WIDTH: 124px; HEIGHT: 131px"alt=""title="" 

 style="WIDTH: 158px; HEIGHT: 201px"alt=""title="" この万座毛の海の色も違うかな。


美ら海水族館のマナティ   style="WIDTH: 154px; HEIGHT: 170px"alt=""title="" 海の人魚です。

 style="WIDTH: 172px; HEIGHT: 148px"alt=""title="" 斎場御嶽。
                  琉球王国時代に大切な神事が行われた場所。

「女性の品格」によると花の名を言えることは  style="WIDTH: 163px; HEIGHT: 184px"alt=""title=""
その条件の一つだそうな。 これは、ストレリチア・レギネ(極楽鳥花)。
    姿が派手な鳥の極楽鳥のようだからこの名がついたそうな。
    花言葉は、「輝かしい未来、気どった恋」。
                 ・・・ふふふ。ちょっと気取ってるかもこの姿。

 style="WIDTH: 192px; HEIGHT: 158px"alt=""title="" 那覇市の国際通りに発見したのは
                           宮里藍ちゃん応援のお店。
そこで藍ボールをget!しかし、ロストするのが怖くて使えな〜い〜

 style="WIDTH: 148px; HEIGHT: 110px"alt=""title=""  style="WIDTH: 137px; HEIGHT: 110px"alt=""title="" 記念ボールの裏側。
                                         かわいいー。





まだまだ続く沖縄旅。

私の地元には白壁が有名な白鷺城があります。

沖縄には真っ赤な首里城があります。はてはてどんなお城かいな?

 style="WIDTH: 145px; HEIGHT: 203px"alt=""title="" 南殿からみた正殿。太陽の光で、赤さが増してました。

 style="WIDTH: 228px; HEIGHT: 134px"alt=""title="" 見事な装飾  style="WIDTH: 120px; HEIGHT: 150px"alt=""title=""

450年間続いた琉球王国の栄華。中国と日本の影響がそこここに見られ・・・
ただ残念なのは、沖縄戦と大学建設によって破壊された部分が多く
これは、1992年に復元されたものなのです。
石門や城壁の一部は昔のまま残っているところも・・・。


  世界遺産の園比屋武御嶽石門    style="WIDTH: 159px; HEIGHT: 129px"alt=""title="" 
   1519年創建


首里城公園近くのcafeで飲もうと思っていた「ぶくぶく茶」
飲み逃した〜ということで、国際通りでそれが飲めるお店を発見!
   じゃじゃじゃーん。   style="WIDTH: 216px; HEIGHT: 145px"alt=""title=""

左は「ぶくぶくココア」  
右が「ぶくぶく珈琲」
  琉球王朝伝統の「ぶくぶく茶」の珈琲版らしく、
  黒焼豆 大豆 香草入りなので、風味がよいよい!


沖縄の建物は独特。
疑問のまま帰ってきてしまったのだが、
なぜにどの家も屋根の上にアルミのタンクを乗っけているのか。
建築法で、水道タンクを置くことが決まっているのか?
本土であれば、何階か以上の建物は置かねばならないはずだが
沖縄では平屋でも置いてある・・・

その屋根などにはもちろんシーサー!

至る所で出会うシーサーさー。  和むねー。

 title=""style="WIDTH: 197px; HEIGHT: 139px"alt=""  title=""style="WIDTH: 205px; HEIGHT: 141px"alt=""


そして、何でもシーサーになってる!お醤油もシーサーから、つまようじもシーサーから!

        title=""style="WIDTH: 230px; HEIGHT: 143px"alt="" ある日の朝食。


お天気よくなかったものの、沖縄らしいものもいっぱいでした!

     style="WIDTH: 170px; HEIGHT: 133px"alt=""title="" ブーゲンビリア

    石敢當(いしがんどう)      style="WIDTH: 113px; HEIGHT: 149px"alt=""title=""
       魔よけです。


heiwaって何でしょう。平和。
   辞書には「戦争や紛争がなく、世の中がおだやかな状態にあること」とあります。

今の日本はこの意味の前に「自分たちだけが」とついてしまっているのではと
思ってしまいました。
戦争を知らない世代のひとりである私は、広島の原爆ドームに行ったときに似た
何かを感じました。

平和祈念公園  http://www.peace-museum.pref.okinawa.jp/
   ニュースの画像などでしか見たことがなかったこの風景。
   平和の礎には、戦争で命をなくした方々の名前が今でも刻まれ続けてます。
   おそらくその家族の方でしょう。関係者の名があることろに
   花を手向けてあるところもありました。

   title=""style="WIDTH: 194px; HEIGHT: 140px"alt=""  title=""style="WIDTH: 196px; HEIGHT: 138px"alt=""


この公園内には全国の慰霊碑もあるんです。新潟の碑はこれ。

           title=""style="WIDTH: 180px; HEIGHT: 110px"alt=""


その後、訪れたのは「ひめゆりの塔」
   詳しい歴史はこちらをご覧ください。  http://www.himeyuri.or.jp/top.html

      涙しながら資料館内を見ている若者がいました。

      たまたま私の背後で見学されていたおばさまのひとことは
            「戦争はいややなぁ。若い子らが死ぬから。」

   title=""style="WIDTH: 202px; HEIGHT: 136px"alt="" この中で治療にあたっていた学徒たち。


資料館内の学徒の作文を読むとたまらない。
     自分が16才のとき、彼女たちと同じことができただろうか。

いかに平和しか知らずに生きてきたか。
今も戦争が続いている地球。なんとかならないものか。
生々しく語られている事実をきちんと受け継がなければならないのかもしれない。

そのためには体験者にも語ってもらい、その声に耳を傾けなければならないのでしょうね。


平和祈念公園には新潟県の方の平和に対する意見がモニュメントになってます。

   title=""style="WIDTH: 117px; HEIGHT: 166px"alt="" 青い海と空、白いビーチだけでなく、そこで何が起きていたのか
                  感じなければ・・・

   



今帰仁城跡から車を走らせて、さらに北へ。

「本部半島ゴールデンドライブ」の最後は・・・島へ渡りましょう。

沖縄本島から屋我地島(やかじじま)を通って小宇利島(こうりじま)へ。
立派な橋がかかってるんですよ。

この道を抜ければ、海上へ!

 style="WIDTH: 185px; HEIGHT: 216px"alt=""title="" 助手席から!あっ海が見えた!

古宇利島に渡ってから屋我地島をのぞむとこんな感じ☆

     style="WIDTH: 257px; HEIGHT: 159px"alt=""title="" 空模様が・・・
                                      雨降ってきたし・・・
お天気がよければなぁ〜どんなに綺麗な海の色だったことか。
でもこのお天気で、この海の色というのもスゴイ。

     ・・・晴れてると、この橋を歩いて渡るのもいいかも。

沖縄本島と橋でつながっている島はけっこうあって、北部に行かなくても
その醍醐味は味わえますよ。

海だけでなく癒しのスポットがありました。
「備瀬のフク木並木」
緑も癒しです。このフク木は防風林なんです。新潟のそれとは、ちょっと違いますね。

    style="WIDTH: 193px; HEIGHT: 243px"alt=""title=""


北部には歴史的な遺跡もあります。
そのひとつ「今帰仁城跡」です。なんと読むでしょう?

                      答えは「なきじんじょうあと」

琉球王国成立(1429年)以前 3つの国に分かれていた時代 北山王の居城です。
首里城と同じ規模の大きさがあるんです。城壁も長い!

 title=""style="WIDTH: 229px; HEIGHT: 165px"alt=""  ちょっとどんよりなお天気でしょ・・・。

でも、この門をくぐったら、一足早く春に出逢えました。

 title=""style="WIDTH: 146px; HEIGHT: 156px"alt="" 1月19日からはもう桜まつり開催だそうです。

そうして登っていくと・・・ ちょっと青空も見えてきた☆

 title=""style="WIDTH: 283px; HEIGHT: 182px"alt="" 

昔の人たちはどうやって、これだけの石をどうやって積み上げたのか。

そして、積み上げられた土と石の層を見て、どの時代のものかが分かる「今」という時代もすごい。

この今帰仁の頂上では、ポインセチアの原木にも出逢えました。

クリスマスの時期によく見るアレ!   style="WIDTH: 235px; HEIGHT: 183px"alt=""title=""

小さい鉢にも入るように改良されたものを見てたんですね。


レンタカーを借りての旅でした。
今日は北部へGO!

沖縄で有名な水族館といえば、「美ら海水族館」
沖縄に行ってまでなんで水族館?と言わないでください。
ここは、世界一の大きさを誇るアクリルパネルでできた水槽があるんです。

体調14mものジンベイザメが3匹もいるんですから!

 alt=""title="" 人間の大きさと比べてね☆

ジンベイだけでなく、マンタもいます。
いつだったか、サイパンでダイビングしたときに遭遇したマンタは7頭くらいで、
遠巻きにしたみられなかったけれど、ここでは間近に!
サメも前から見るとこんな顔    style="WIDTH: 239px; HEIGHT: 174px"alt=""title=""
ちょっと おとぼけチック☆

 style="WIDTH: 263px; HEIGHT: 191px"alt=""title="" サメの下からの写真です。
 
つまり、サメのおなかですね。この大水槽は一部が回廊になっていて下からも覗ける!
この子は、アクリルパネルの上でじーーーっと寝てました。動かないんだ、これが。

こうやって海中を見ていると、潜りたくなるんですけど、今回は出来なかったんですよね。
潜ると、きっとこんな海だったのでしょうか?  alt=""title=""


那覇市の国際とおりをちょっと外れたところにある第一牧志公設市場。
「まちぐゎー」というところ。
魚に豚肉に・・・新鮮な食材がそろってます。

この市場でまず出迎えてくれるのが、彼ら!!

 title=""style="WIDTH: 226px; HEIGHT: 175px"alt=""  title=""style="WIDTH: 230px; HEIGHT: 277px"alt=""

「めんそーれ」と出迎えてくれたものの・・・ かわいいのか?! こわいのか?!
ちょっと生々しいような気もする。

     鳴き声以外は食べられるんだ!!


魚もやはり日本海とは大違い。カラフルなものがいっぱいで・・・

 title=""style="WIDTH: 261px; HEIGHT: 192px"alt="" 

この市場では2階に飲食できるスペースがあって、1階で購入した材料をすぐに調理して
食べることができるんです。
私はその時間がなかったので、見るだけで終わりましたが・・・。


どこから書きましょうか。

「食」からにしましょうか。

沖縄独特のお料理、いろいろ味わってきました。
今でもどこでも食べられるくらい知られている沖縄料理。
沖縄では、ソーキそばを3杯も食べた私。豚の皮のコラーゲンで少しは
肌のハリがよくなったかしらん?

 title=""style="WIDTH: 232px; HEIGHT: 157px"alt="" 唐辛子はこの「こーれぐす」。
                                 泡盛に唐辛子を漬け込んだもの。

そして、ソーキ丼。     title=""style="WIDTH: 225px; HEIGHT: 170px"alt=""

ソーキとは3枚肉のことです。
沖縄そばにもソーキが入ってます。「てびち」は豚足を煮込んだもの。

豚肉・・・・コラーゲンが多くてお肌にいいはず!30超えると、必死です(笑)


そして、那覇市の国際通りで食べたタコス。
これで150円です。
タコスの皮は注文してから焼いてくれるのでアツアツ。
     おいしかった〜。    title=""style="WIDTH: 182px; HEIGHT: 252px"alt=""


お正月にいただいたお休みで、沖縄へ家族旅行。
なんと寒気団がきていて、コートが手放せない毎日。
海の色が・・・雲が・・・風が・・・  ああ、ツイてない・・・

 title=""style="WIDTH: 220px; HEIGHT: 153px"alt=""  style="WIDTH: 229px; HEIGHT: 153px"alt=""title=""


ところが、帰る日になってこのお天気☆
よかった〜 

 title=""alt=""


当分、この沖縄の旅 報告です。 いろいろ考えた旅でした。


新潟を離れ、南国へ!
しかし寒い。冬型のせいで、コートが手放せないです。
ようやく昨日から晴れてちょっと暑いと感じるようになったものの、帰らなきゃ〜

旅の報告はまた!

今年もよろしくお願いいたします。