ケーキですよ☆ 久々焼いてみました。

 style="WIDTH: 219px; HEIGHT: 160px"alt=""title=""  チョコのカップケーキです。

トップに、ホワイトとブラックのクランチをトッピング。 ちょっとパサパサだったかしらん?


もう1品は、ベイクドチーズケーキ。

 マスカルポーネとマンゴーを添えて☆  style="WIDTH: 222px; HEIGHT: 151px"alt=""title=""

マンゴーはひとりで食べきれない分を冷凍保存しておいたもの。
役に立ってよかったぁ〜。

これらのケーキは自分のおやつ&朝食になり、
会社で総務のみなさんといただくことに・・・嬉しいのか、悲しいのか・・・

でもでも、今年はM−1にさらにはまったクリスマス。
やっぱり漫才はええねぇ。
関西魂を思い出させるもののひとつです。
今回優勝したのは仙台出身の「サンドウィッチマン」。
結成9年で、しかも敗者復活戦から勝ち上がっての優勝。
すごいです。これまでで初の快挙。
録画したものを何回か見直しましたが(なんで漫才分析してんねんっ)
決戦に残った「キングコング」や「トータルテンボス」とは何が違ったのか。
漫才の基本形が「サンドウィッチマン」のスタイルだったような気がする。
私が小さい頃からみていた「大助・花子」「中田カウスボタン」「B&B」「紳助・竜介」などの
時代を感じるやりとり。
「サンドウィッチマン」が吉本所属でないのも、なんか のし上がった感があるよねぇ。





実家から届いたお皿を初使用!
昨年は計算ドリルをしていたイヴ。今年は料理に精を出しましょうかぁ。


 style="WIDTH: 241px; HEIGHT: 177px"alt=""title="" 赤いお皿なので、緑を目立つようにして
                                ちょっぴりクリスマス☆気分!


そして、寒い夜に重宝しているのが、この靴下。
けっこうあったかいんだぁわぁ〜

雪の結晶がデザインされてるんだけど   style="WIDTH: 255px; HEIGHT: 170px"alt=""title=""
  見えにくい?


じゃじゃーん、一人鍋です。
お鍋で煮たまま食べると・・・一人では寂しすぎるし、火も使うので
器に盛って。

 style="WIDTH: 283px; HEIGHT: 211px"alt=""title="" これをポン酢で食べたら・・・

野菜の食物繊維をめいっぱい体内に入れて。ヘルシーっ!

大根、白菜、しめじ、鶏肉、カブ、カブの葉。




久々パスタシリーズ。

 style="WIDTH: 180px; HEIGHT: 230px"alt=""title=""  熟しすぎたトマトは熱を加えてあげて!

彩りがいいだけで、食欲わくわく!

サイドメニューは初めて作った
     「チリコンカン」         style="WIDTH: 238px; HEIGHT: 166px"alt=""title=""

水に戻したキドニービーンズを一晩水につけて、その後柔らかくなるまで煮て、
そこに牛肉、たまねぎ、トマト、チリパウダーなどを加えて煮込みました。

今の若者は日本人はお豆腐以外に豆を食べることがないかもしれませんね。
いつもサラダにしていた豆を今回は煮込みに。
冬だし、寒いし、ちょっと辛めに味付けすると、身体もぽっかぽか。





こんなプレゼントはいかが?
生花が命の期限があるので、長持ちする生花。そうプリザーブドフラワー。
ふと立ち寄った花屋さんでこんなバラを見つけたのです。

 alt=""title="" 「GRACE ROSE」

生花を特殊加工した本物のバラなんです。
水をあげなくてもいいのですが、乾燥に弱いので、このケースから出さない方がいいの。

よくあるプリザーブドフラワーは、フラワーアレンジメントになっているのだけれど
これは1本もの。
しかも花が大きい。
自分へのプレゼントで購入。1本3150円ですから〜。

プレゼントに困っている男性陣。これは女性が喜ぶと思うなぁ。
もちろん、ほかのプレゼントにこのバラを添える形でね。

バラの花言葉は・・・
愛情 ・ 美 ・ 情熱 ・ 熱烈な恋 ・ あなたを愛します・私を射止めて ・ 貞節 ・ 模範的


たまには ”精力”つけないとっ!   「 う な ぎ 」

 title=""alt="" 山椒をふって★

中国の食材に関してニュースが出てから、うなぎを倦厭している方々。
やっぱり「うなぎ」はうまい!

関西では「うなぎ」の開き方が違うのよねー。
関東は“背開き”、関西は“腹開き”。
武家社会の江戸では「腹を裂くと切腹を連想して縁起が悪い」と背中から開き、
商人の町大阪では「腹を割って話せるように」と腹開きにしたからだと言われているらしい。
そして関西では「うなぎ」より「アナゴ」かな。
蒸しアナゴが食べたくなってきたぁ〜。


そして!
この間作った「鶏肉のハンバーグ」
しょうがを効かせて、舞茸のバターしょうゆソテーととともに。

 style="WIDTH: 215px; HEIGHT: 233px"alt=""title="" 


冷蔵庫のありもので、ケチャップごはん。

 style="WIDTH: 204px; HEIGHT: 150px"alt=""title="" 冷凍していたソーセージとほうれん草を使って!

食材を長持ちさせるため、一人で食べきれないほどの材料をストックするためには
冷凍庫をうまく使うのです。
ほうれん草は湯がいて、1回分をラップで小分けに包み、冷凍庫へ。
使いたいときに解凍すればOK★

でも、どうしてもピッツァはプロの方がおいしい。
ピザ生地がうまくできても、いいオーブンを買わないとだめなのかなぁ。
                             style="WIDTH: 139px; HEIGHT: 185px"alt=""title=""


冬の空もいいですね。こんな雲の中を泳ぎたい。
海中はスキューバダイビングで制覇したので、今度は空も制覇してみたい。スカイダイビング。

 style="WIDTH: 168px; HEIGHT: 224px"alt=""title=""  新潟は空も海もほんとにステキだ!


そして、これもステキだ!  style="WIDTH: 143px; HEIGHT: 188px"alt=""title="" いいものはやはり違う。

SUWADAは三条市の企業。刃の技、ここにあり!
爪切りってぱちんぱちんというイメージですが、これはコッコッって感じで
爪が切れるというより切り取るという感じ。
使ってみないとわからないかもねぇ。
切った後の爪もこれまたヤスリをかけなくてもいいくらいの綺麗な切り口。
長年使う爪きりになりそうです。 



「新メニューコンテスト審査員」というお仕事してきました。
私で大丈夫なのか?!と思ってしまったが、プロのテクを見られるかなぁと。

高速道路を使って疲れたら立ち寄るところはSA・PA。
そのSAで出されるメニュの審査員です。
越後川口SA(上り・下り)、米山SA(上り・下り)、阿賀野川SA
5箇所のシェフたちがそれぞれに工夫を凝らして作った品々。

テーマは「健康志向 低カロリーな郷土料理」
健康な上に、郷土のものを使っていなければいけない。

そこで出来上がったのがこれらのお膳。

 越後川口SA(下り)「デリシー元気膳」 
  title=""style="WIDTH: 161px; HEIGHT: 115px"alt="" title=""style="WIDTH: 107px; HEIGHT: 89px"alt=""   

  越後川口SA(上り)「魚沼の舞」   阿賀野川SA「デリシー元気膳」
  title=""style="WIDTH: 182px; HEIGHT: 129px"alt=""   title=""style="WIDTH: 183px; HEIGHT: 127px"alt=""

 
  米山SA(下り)「越後路御膳」       米山SA(上り)「潮風御膳」
   (これにお汁粉もつきます)
  title=""style="WIDTH: 181px; HEIGHT: 121px"alt=""   title=""style="WIDTH: 170px; HEIGHT: 124px"alt="" 

» 続きはこちら



ザッツ 野菜いため じゃぁーーーーーーー。 


    style="WIDTH: 187px; HEIGHT: 230px"alt=""title=""  どうもメインの色が茶色になるのはなぁ。

でも野菜いためってこんな感じよねぇ〜。



 style="WIDTH: 211px; HEIGHT: 266px"alt=""title=""  まあ、これはちょっと赤ですけど・・・

トマトソースのほかの利用方法です。
器が変わるだけでちょっといい感じ★
大学時代の友人の披露宴の引き出物でいただいたもの。光り方が違うような。


チーズ、チーズ、チーズ。
一度買うと食べねばならなくなるチーズ。
一人暮らしにはちょっとつらい?
と思いきや、食べ方を工夫すれば、あっという間に無くなって!!

        title=""alt=""  

ちょっと写真がぼけてたなぁ。

★メニューは・・・
  余ったトマトソースに、チーズの盛り合わせとアボガド、白菜と水菜のサラダ、パン。

    チーズは3種ご用意しました。
    クリームチーズ、マスカルポーネ、こしょう入りチーズ。

                                                                       style="WIDTH: 207px; HEIGHT: 281px"alt=""title=""

パンにつけてもよし、アボガドにつけてもよし、トマトソースに入れてもよし。
トマトソースにチーズを入れると、お米を追加してリゾットにしたくなる感じ〜

こんなにチーズが奥深いとは。
ちょっとチーズにはまりそうです。


ごーかいに写ってますが、いつものパスタです。
今回の一味は・・・「チーーーーーーーーーーズ」。

チーズトーストくらいしか使わないチーズをいろいろ買ってみて。
パスタにのせれば、いつものトマトソースもぐぐぐぐーんと よくなった感じ。


       style="WIDTH: 203px; HEIGHT: 247px"alt=""title=""  鶏肉のトマトソース パスタ


新潟はラーメン王国。
みそ、しょうゆ、とんこつ、背油・・・それぞれが超うまい☆
いつだったか三条市の医食同源プロジェクトグループの方からいただいた麺、
ブドウの樹液が入っている麺を使って作ってみた。

 style="WIDTH: 177px; HEIGHT: 221px"alt=""title="" 大根と海老と小松菜の和風ラーメン。

ラーメンというと、炭水化物の塊 みたいに感じるかもしれませんが
これだとヘルシーじゃなぁい?
ちょっとヘルシーすぎか??

中華だしがなかったもので、和風の味付けに。
干し海老で出汁をとり、しょうゆと塩で味付け。
あつあつの大根をはふほふ言いながら食べるのです。

なぜに、うちの父を始めとするおじさんは、ラーメン食べるときに
「ごほっ ごほっ」と咽るんでしょうかねぇ。