この秋冬は、リボンがついたファッションも流行っているよう。
私には似合わなさそうだけど・・・。思い込みってやつかもしれないけどね。

RIBBON

ブルー、ピンク、レッド・・・・
今いろんなところで、このRIBBONをトレードマークにかつどうが行われています。

ブルーリボン
 日本のどこよりも新潟県人にとっては一番身近な問題かしら?
 空と海をイメージした青いリボン。拉致被害の解決へ向けて。

ピンクリボン
 乳がん検診の普及を呼びかけて・・・。女性にとて大切な問題。
 妊娠するまで、婦人科にかかからない女性はまだまだ多いみたい。
 30超えるといろいろ支障をきたしてくるので、診察せざるを得ない場合も多いけど
 若い女性たち、診てもらった方がいいよ、子宮も。大切な唯一の臓器なんだから。

レッドリボン
 12月1日は世界エイズデー。
 海外に行くと身近と思っていたら、実は日本でも感染が増え続けているんです。
 知らないことが、一番の原因かもしれない。

                                  style="WIDTH: 116px; HEIGHT: 137px"alt=""title=""

11月30日、以前番組でもリスナー募集をしていたイベント「RED RIBBON LIVE」に
私も参加してきます。
レッドリボンに深く関わるのはこれが2回目。
みなさんに語るには私は年齢を重ねることが必要だったかもしれない。
昔イベントでMCをさせていただいた時には、するどい質問にどう答えていいのか
わからない部分もあったり・・・。
12月1日前後はいろんなニュースを目にすることになるでしょう。
ぜひ正しい知識を身につけてください。
同じ思いのアーティストたちのライブとともに、11月30日は会場の渋谷AXに行ってきます。
Yahoo!でもインターネット中継されるそうなので、よかったら見てみてね。





東京タワー。移転が決まっている。
霞んだように見えるのは霧ではなく、スモッグなのだろうか。
ここに何百万人という人間がいて、何百万台という車が走ってて、
不謹慎かもしれないが、今、地震が来たらどうなるんだろうと思ってしまった。


 title=""style="WIDTH: 209px; HEIGHT: 285px"alt=""

山手線に乗ろうと、有楽町駅でホームに滑り込んできた緑の車両に足を踏み入れたら
こんなアナウンスが。
「ただいま上野駅で人身事故のため、山手線 外回り内回りともに運転を見合わせています。
復旧の見込みはたっていません。」
これを聞いた途端、車両内のほぼ全員が携帯電話を取り出した。
「遅れそうだわ」「どこの路線に乗ればいい?」「今どこ?」
本当に復旧のめどがたっていないようで、乗り換えの案内までアナウンスされだした。
これを聞いて、ほとんどの人が車両を降り、改札へ。
私も後をついていった。
suicaの人はそのまま自動改札を通っても料金がきちんと精算されるらしい。
私のように切符を手にした人が有人改札にあふれている。
しかも、乗り換えできますという切符をもらっただけ。
先を急いでいたのと混雑していたので、精算できず、
とりあえずそれをもらって改札を出たが・・・。

人身事故で電車が止まっただけなのに、改札であの混乱・・・。


展望台のようなところは、観光目的か、デートでもなければ行かないかもしれないが
一度、自分の住んでいる街を上から望んでみるのもいいのかもしれない。
ふと沸いてくる疑問愚問もあるのかも。


このあいだのカツレツ。もう1枚あったんだ〜。冷凍庫に保管しておいた。
とはいえ、同じメニューだなー。
ソースではなく、バジルシースと、トマトペーストをつけて食してみた。
まあ、いける!

 title=""style="WIDTH: 180px; HEIGHT: 226px"alt=""  
    
トマト煮の使い方。
一人だと飽きてしまう、スープもの。具材を足して、ちょっとアレンジ。


豚肉しか入ってなかったところへ鶏肉入れてみた。  title=""style="WIDTH: 162px; HEIGHT: 219px"alt="" 


「食」に対して、このところ過敏になりすぎてやしないか。
本当は表示された数字で、食べられる、食べられないを判断するのではなく
人間の偉大な力「五感」を使って判断すべきなのに、と思う。
うちで作る豚肉の味噌漬け。
これはいつまで日持ちするか、一番舌と鼻を使う。
鼻ではOKだったのに、いざ食べようと思うと舌が拒否。
この感覚、忘れたくないな〜。


寒いねー。
ババシャツはけっこう前から着込んでいるのだが、寒いねー。
毛玉が出来てきたババシャツでさえ、捨てられない私、寒いねー。
もらいもののTシャツ、しかもよれよれになってるのに捨てられない私、寒いねー。
父の12月の誕生日に、小島よしお風 海パンを贈ろうかと思っている私、寒いねー。
冬に海パン、寒いねー。


寒いので、あったか”おうどん”であったまった。 釜揚げ風。
カマ上げ風 ではないよ。寒いねー。


 style="WIDTH: 209px; HEIGHT: 261px"alt=""title=""


いよいよ今年もSnow Jam開催!
私が入社した、新潟に越してきた年96年からスタートした冬の一大イベント。
今年でもう12回目になるのかぁ。
新潟フェイズで始まって、昨年から新潟ふるさと村に会場を移しての開催。
毎年大盛況の格安リフト券に、ツアーに、、、今年も大賑わいとなりそう。
昨年は少雪だったが、今年は早くから雪が降り、いい感じ。
スキーに、ボードに、雪山へ行く前に、ぜひSnow Jamでおいしい情報をgetしてください!

今日の特番では、久々リポーターとして、登場します。
私、初心に返れるんですよね、この仕事をすると。
昔怒られたこと、昔これでいいんだと納得したこと、昔褒められたこと、昔感心したこと
いろんなことが思い出されるイベントなんです。

昔がむしゃらにあがいて、目の前の壁を乗り越えるのに精一杯だった。
長く続ければ慣れてくるのかと思いきや、
    続ければ続けるほど別の壁があることに気づかされる。
そういうときには、初心に返ってみると、
       今の壁を解決するヒントにめぐり会えるのかもしれないね。



 title=""style="WIDTH: 177px; HEIGHT: 237px"alt="" 寒い冬。
         実家から届いた洋梨のワイン漬けであったまろ〜。
       ちゃっかり母からは、「これ1個2000円やからな」とメモ書きがついてました。
       はい、感謝して、一口一口味わっていただきます。


どうしてだか、食べたくなるお刺身。
一人だとお刺身というより、海鮮丼にしたくなる。 これでもかってくらいにネギを散らして!

 style="WIDTH: 202px; HEIGHT: 262px"alt=""title=""  ネギはもちろん万能ネギ。

新潟では白ねぎを食べる方が多いんですよね。
海岸沿いを走っていると、砂地で白ねぎがわっさわっさと植わっているのを見かける。
あれがおいしいんだよなーと思いつつ。

新潟は地上も水中もおいしいものがいっぱい。
海の中は、アジにイワシに鯛に・・・トロピカルな海というよりうまい海。


久々お味噌を使い、クッキング。 具はシジミと大根の葉っぱ(これは再利用で)。

今夜の献立。
大根の海老あんかけ、マヨ風味カツレツ、シジミのお味噌汁、ごはん。

 style="WIDTH: 208px; HEIGHT: 246px"alt=""title=""  ミソは「マヨ風味カツレツ」。

とんかつのような揚げ物は一人暮らしではなかなか作れないのですよね。
というのも、油を大量に使うのでどうしてももったいないと思ってしまうのと、
油がはねるしと、思ってしまうので。

そこでやってくるのが、カツレツなんです。
炒めるのよりは多めの油で、焼き揚げるって感じ。   style="WIDTH: 127px; HEIGHT: 129px"alt=""title=""

しかも揚げ物って、小麦粉→卵→パン粉 と使って、捨てる分が多い。
ということで、卵の変わりに マヨネーズを使用。
マヨネーズには卵が入ってますよね。
ということで、小麦粉→マヨネーズ→パン粉 にするんです。
卵はもったいなくないし、マヨネーズの風味もあって、さらにgood!

 style="WIDTH: 127px; HEIGHT: 120px"alt=""title=""  大根の海老あんかけ。
                   彩りで、大根の葉っぱをのせてみました。

大根は水から入れて煮るのがポイントと習ってから、忠実に実行。
関西では色がほとんどつかないお出汁ですが、ちゃんと味しみてるんです☆

実家近くの居酒屋さんで出す「おでん」。
大根はほぼ大根の生まれたままの色をしているのに、めっちゃ味がしみてて
おいしいんです。あの味が出せるのは、いつになるんだろっか?


このところ、新ビル、新ショップが多く乱立している東京。
東京駅のエキナカにもNewショップが出現。

早速行ったのは、お酢スタンド。 カシスのお酢を買ってみました。
4〜5倍に薄めて飲むとグッド。ヨーグルトやアイスにもかけてもOKなんだとか。
これから試してみます☆
いろんな種類があるので、集めてみたい。といっても一人暮らしではどうにもこうにも。
ということで・・・実家に全種類、発送!
そうです。どれが一番おいしくて、一番使いやすいか、試してもらおうという魂胆です。


 title=""style="WIDTH: 152px; HEIGHT: 215px"alt=""    写真だと大きく見えるかも。実は小瓶。

同じく東京駅エキナカには「まめぐい」売り場も! title=""style="WIDTH: 186px; HEIGHT: 137px"alt=""
今後のお料理と一緒に写してみようかな。
ハンカチにも最適です。女性へのプレゼントにもいいかもよ。


 ”ちょっと出張で東京行ってさ〜、君に合いそうなのがあったから”ってな具合にいかが?


久々このお皿を使ってみました。 んー、小盛りアレンジもいい感じかしらん☆

 title=""style="WIDTH: 173px; HEIGHT: 219px"alt=""  上から
                       大根のお漬物、豚肉のシソ風味、アボガドのサラダ。


こうやって調理する食材はどこからやってくるのか。
やってきた食材の消費期限に賞味期限に、何を信じていいのかわからない今日この頃。

築地にはマツタケもこんな並び方をしている。

 title=""alt="" 

マツタケの産地が トルコ、アメリカ、韓国、福島なのです。ワールドワイド?
日本人しか食べないからこその輸入なんでしょうね。やはり国産が高い。

こうやって世界中のものが扱われている中、市場の中には懐かしい光景も。

 title=""style="WIDTH: 164px; HEIGHT: 219px"alt=""   title=""style="WIDTH: 237px; HEIGHT: 176px"alt=""
                          このチャリで、食材を運ぶんだなっ。

でも、築地の入り口にはこんな横断幕が!

  title=""style="WIDTH: 209px; HEIGHT: 260px"alt=""  東京駅には「オリンピックを東京へ」って
                         ポスターがでかでかと掲示されているんですけどね。




東京のど真ん中に、こんな建物。築地にある「築地本願寺」。
古代インドの仏教寺院がこの地・築地で見ることが出来るのだから、驚き!!

設計は東京(帝国)大学工学部教授・伊東忠太博士が担当。昭和9年の建物です。
日本人の「お寺」としてのイメージとはほど遠い、
インド様式の石造りとなっています。

夕景にライトアップされる姿も見事だそう。
正面の円屋根妻部には荘厳なる装飾が施されています。
この写真だとよく見えないのですが、菩提樹の葉をモチーフにした輪郭、
中央には仏教のシンボル「蓮の花」、その下には極楽浄土を飾る「欄楯」が。


 title=""style="WIDTH: 232px; HEIGHT: 164px"alt=""      title=""style="WIDTH: 160px; HEIGHT: 238px"alt=""   


この建物の中でこんなコトバを見つけました。

   title=""style="WIDTH: 197px; HEIGHT: 286px"alt=""  なるほどねぇー。

     面倒くさいとか、イヤだなと思ったら、自分の心の中をしっかりのぞいてみては?
     その原因が見つかるかも☆


ジャンク。じゃんく。ジャンキーフーッド!!

ジャンクフードといえば、関西では「お好み焼き」に「たこ焼き」に「焼きそば」やでぇ。
ずばり! 「鉄板もの」やねぇ。

家でかて食べんねん。でもこの麺みるたんびに、「イタアン思い出すぅ〜。
新潟での生活長くなったからなぁ。
イタリアンは、焼きそばにあんかけがかかったものだと
よくアーティストの方に説明すんねんけどな。
その人たち、食べた後には「ほんまや」って絶対言うてんねん。



 title=""alt=""  
      
      焼きそばだけでは、お野菜が足りひんから
                白菜・水菜・白ねぎの煮付けと一緒に食べんねん。


ライブというのは、その日、その時間しかその音が聞けない、その姿が見られない
というもの。

東京で見た2つのライブ。

1つはこれからデビューする新人2組のお披露目ライブ。
全国から見に来た音楽関係者が終わった後で 「すごい、あの若さで」「すごい度胸」と。
『課長 島耕作』で読んだ方もあるかもしれません。
島さんが音楽業界に出向したとき、ニャッコという名でデビューさせるアーティストを
デビュー前に関係者の前だけでライブをするという光景を。
要するに、あれです、あれ。

業界のドンたちがたくさん見守る中、正々堂々自分らしさを損なわず最高のステージを見せる
というのは至難の技。
ところが、今回のこの2組はすごいってもんじゃない。
大阪出身18歳 清水翔太。 北海道出身20歳 福原美穂。

清水くんは、このたびのデビューへ向けて、初めて地元大阪を離れたそう。
なのに、なんなのだ、完璧なまでの標準語でMCするとは。
しかも顔が亀田兄弟に似てる。もう忘れられない。
さらに昨年9月にピアノを触り始めたというのに、もうこの大舞台で弾き語りを披露。
なんなんだっ!
私はピアノの先生がいやで練習嫌いになり、バイエルン止まりだぞ!
もちろん、歌もすごい。”I miss you”と連呼している。
18年間でどんな恋愛をしてきたんだ。どんな恋からそんな歌詞が生まれるんだ。
早くその姿を新潟のリスナーにも届けたい。
そして、なんとデビュー前に、ニューヨークでも歌える機会があるそう。
もう無理。同じ人間とは思えない。
この話を聞いて、神様は平等じゃないと思うかもしれないが、そうではないと思う。
彼はきっとこれまでに相当な苦労をしているはず。だからこそのこの境遇なのだと今は思える。
若いときにこれをみていたら、嫉妬 ジェラシーが溢れていたかもしれない。


そして、もう1つ。
スピードスターレコード 15周年記念で、この日だけのコラボレーションライブがあった。
☆つじあやの×The Back Horn
☆ハラフウミ
☆Cocco×岸田(くるり)

熟練のアーティスト同士、息が合わないわけがない。すんばらしいライブだった。
もちろん、MCで会場を沸かすことも忘れていない。さすがだ。

残念なのは、最後の UA×細野晴臣を見ることができなかったこと。
いつか再びコラボることはあるだろうか。ないだろうな・・・











「グリーンだよぉ〜」  こう聞くと、ビールか志村さんが出てきそうだぁねぇ~。

今回のカレーはグリーン。キットを使って作ってみた。
雑穀米で食べたら、身体によさげ〜。


 alt=""title=""  ただ、ちょっと色合い悪いなぁ。

実は、色がもたらす心や身体への影響って大きいんですよね。
秋も深まり、どうしても 黒・グレーエンジ・白 の服しか着ない私。
これ以外だと、どうも落ち着かない。
うちのクローゼットは暗い色ばかり。
でも、ストールなどで、華やかな色を使うようにはしてますが・・・。

香りもそう。
今、失敗した買い物があって。もったいないから無くなるまで捨てられない。
でも、その香りが鼻に入った瞬間から、ちょっと気分がよろしくない。
我慢して使いますぅ。



暖房の風で乾燥している今日この頃。
加湿器を出しました。風邪もはやっているようなので、お気をつけください。

この間、番組でも言いましたが、最近、お風呂に入れるのは入浴剤ではなく重曹。
お湯を流したときに、溶け込んだ重曹が排水管をお掃除しながら流れてくれるんです。
一石二鳥。

お湯の色が変わらないので、照明を変えてリラックスタイム〜。


 title=""style="WIDTH: 185px; HEIGHT: 258px"alt=""  LEDライトが7変化。

 あったかい色が心地よい〜。

          色の効果ってすごいですね。                         style="WIDTH: 206px; HEIGHT: 248px"alt=""title=""
  
 ブルーだと、お湯の温度もちょっぴり低く感じるのです。

ライトの後ろのガーベラ。
当たる照明の色によって、花のイメージも変わりませんか?


おあげさんも続くのよ。
 焼いて、ねぎをのせて、醤油をかけて・・・

次はどうする?

    煮た!     title=""style="WIDTH: 226px; HEIGHT: 299px"alt=""  

粗食、素食。
自分のレシピを見てみると、案外ダイエット食のような・・・
1日30品目を目標にしているんだけど、なかなか30品目はとれないのですよね。

今日のメニューは
 ☆チキンのトマト煮
     これは、料理研究家の中島有香さんから習ったトマト煮をちょっとアレンジ。
     セロリのみじん切りも入れて、にんにくも入れて、栄養ばっちり。

 ☆豚肉と水菜と白菜とおあげさんの煮物

 ☆お漬物
    きゅうり、しょうが、だいこん

 ☆ご飯
    いつかの三条の医食同源プロジェクトチームからいただいた雑穀米を
    コシヒカリに混ぜて炊いてみました。
    全体にほんのりピンクのご飯になりましたっ。



カレーは続く。
 ひとりだと減らない。続く。そういう意味の続く。
   スパイスを使うカレーセットを使い始めると、これまた続く。はまったみたい。

キーマカレーはひき肉使い。

 style="WIDTH: 216px; HEIGHT: 288px"alt=""title=""  辛さも自分でコントロール。

見た目はシンプルすぎてどうかと思うが、案外うまいぞ!

カレーはカレーなんだよね。ほかの使い方が・・・。
   焼いた肉にもかけてみたが減らない。続く。続く。まだまだ続く。





関西での産物に「ジャイアンツ」とは!!

これ、「瀬戸ジャイアンツ」という名のブドウ。たしかに粒は大きい。
しかも、ハート型のものもある。
それにしても阪神が中心のところで、ジャイアンツとはっ!!

 style="WIDTH: 265px; HEIGHT: 195px"alt=""title=""   ハート型のブドウ、わかる?

これは皮のまま食べることができて、甘いのです。

週末、食べながら見たものは・・・

女子ゴルフ、上田桃子ちゃんの優勝を見て、涙。
宮里藍ちゃんは調子が戻らず、先にホールアウトして、優勝した桃ちゃんにハグ。
ホールアウト後のコメントで、「なかなか調子が戻らなくて、まあ頑張ります。今回は桃ちゃんが頑張ってるから。」
年下とは思えない、包容力のある言葉。
さすが世界の舞台で戦っているだけあるなと。

そんな中、小沢代表辞意表明のニューステロップ。
  昔ほど政治が遠くには感じられなくなったのは、
        年をとったからか、生活と政治が密接になったからか。

どうなる日本。どうする日本。



実家から届いた荷物には・・・コレ。 さすが新品、よく切れます。

 style="WIDTH: 136px; HEIGHT: 186px"alt=""title=""

 これを使って最初に料理したのは・・・
 
                 alt=""title=""

栃尾のあぶらげ、あぶらげも入れた水菜と豚肉のたいたん(この間おうどんに乗せてたやつね)、サラダ、ご飯。

精進料理となではいきませんが(お肉食べてるし)、けっこうカロリーオフなお料理になってますよね。お醤油も、うす口と濃い口をちゃんと使い分けてるんですよ。

でも新潟に初めて来たときにびっくりしたのは、お刺身やお寿司に使うお醤油が
かなり薄かったこと。
関西だと、「ムラサキ」と呼ぶくらいに色が濃いお醤油を使うんですよね。
食の文化はやはり西と東で大違いっ!




関西ではなにかと「お」をつけます。 「おせんべい」 「おそば」 「おうどん」 


 alt=""title=""  ってことで、
                        結婚式の引き出物でいただいた「稲庭うどん」を
                        あったかい”おうどん”にしてみました。
                  水菜と豚肉のたいたん(煮たの関西弁?)と、シソをのっけて!


私は貧乏性なのか、食器を洗うスポンジ、なかなか新しいのに代えられないのです。
”そろそろ代えればいいかな”という時期なのに、何故か 代えられない。
食器を洗った後は、シンクを洗うスポンジになり、その後は月に1度の大掃除のときに
がっつり真っ黒になるまで使ってようやく捨てる。
でも、これはある意味、極限まで使うことであって、エコなのかもしれない。 
ということにしておこう。

洗剤も重曹に代えてみました。モンゴルの大地でとれたという重曹に。
口にしても大丈夫で、お掃除にも使える。 ちょっとエコしてるのかな、やはり。



ワンプレート・ランチ。
在り合わせでも、これだけ盛れば、豪華に見える?

 alt=""title=""  男性には足りない量かも。

 オムレツの牛肉ソースがけ、エリンギのバター炒め、焼きウインナー、サラダ。