なんかいろんなところが
ぬるぬるしてるんです。

スマホ・テレビのリモコン・ドアノブ・
マグカップ・車のハンドル・・・


犯人はハンドクリームと私。
エンリッチなハンドクリームを
塗った手ですぐにものに触るため
ぬるぬるになります。


お肌に塗る塗るして
いろんなものがヌルヌルになる。
ある意味、私の冬の風物詩です。



先週のパーソナリティ通信に書いた通り
今週はジャイアンリサイタルでした。

会場は近所の空き地、
ステージは土管の上。
ではなくインドアのカラオケ屋さんです。

唯一の観客(友人)は
私の歌を聞くわけではなく。
次に歌う曲を選んでいるか
ドリンクバーに行っているか
頼んだ牛丼食べているかでした。


でも私は剛の者。
最後まで心折れることなく
歌い続けました。
ちなみにオープニングナンバーは
早見優♪Passion  でした。


今週2回にわたり
「剛の者」という言葉に触れました。

1回目は見ていたテレビのニュース番組で。
2回目は読んでいた小説の中で。

普段あまり聞きなれない言葉が
短い期間に続けて現れ
そして私の心を捉える。
なにかのおぼしめしかもしれません。


思い当たるのは
ジャイアンこと剛田武。
彼と誕生日が同じです。

同じ剛の者として
来週はリサイタルを開きたいと思っています。
近所のカラオケ屋さんで、
友人ひとりを観客に、
ひっそりと。


ちょっと席を外し戻ってきてみたら
デスクの上にコーヒーが置いてありました。

営業部のかわいこちゃんが
私のために淹れてくれていたのです。

ありがとう。

ああ、なぜ人の淹れてくれたコーヒーは
おいしいのでしょう。
同じ豆、同じお湯を使っても
自分で淹れたものよりも断然おいしい。

私の場合
同じことがカレーにもいえます。
人の作ったカレーはおいしい。


なぜコーヒーとカレーはそうなのか?
日本茶やシチューは私の方がおいしいのに。


たぶんね、
コーヒーとカレー、漢字で書くと
“珈琲”と“咖喱”。
どちらにも“加”という字が入っているの。
人の手が“加わる”ことによって
なにかが“プラス”されてるのよ、きっと。



だいぶ無理やりだなぁ・・・。
自分で自分がめんどくさいです。


あけましておめでとうございます。

元日から主に
黒豆と田作りを食べています。

これまでお正月料理の中でも
控えメンバーでしたが
2016年ついにスタメンです。

おいしさはもちろんですが
「つまんで頬張る つまんで頬張る」
というオートマチックな動きが
無我の境地にいざなってくれます。
なぜ今まで控えだったのか。
君たちの実力に気づかずにごめんね。


ということで2016年は
「まめまめしく豊作な一年」
にしたいと思っております。

今年もよろしくお願いします。