少し早いですが年末のご挨拶を。

今年も放送どもども
わたくしのパーソナリティ通信を
ご覧いただきありがとうございました。

「土曜日必ず更新!」

をスローガンに書いてきました。
たまに日曜になることもありましたが
週1回更新を守ってきました。
なぜこれが達成できたのか?


毎週金曜に総合週刊誌を購入します。
そこには数々の著名人が
エッセイなどを連載しています。
毎週やってくる締切。
誌面に穴をあけるわけにはいかない。
つまらないことを書くわけにもいかない。
ああ・・・でも書くことがない!
締切などなければいいのに!!

そう、私は
そんな気持ちを勝手に
分かち合ってみたのです。
エア週刊誌連載家です。


来年はどうなるかわかりません。
もしかしたら
エア月刊誌連載家か
エア季刊誌連載家に
なる恐れもありますが
それも人生。


では、よいお年をお迎えください。


朝、ラジオを聞いていたら突然
「こたつむり」
という言葉が耳に入ってきました。

よーくよーく聞いてみたらそれは
「かたつむり」
どこかでかたつむり展を
開催しているらしいです。


ただ私にはもう
「こたつむり」にしか聞こえない。
アナウンサーが正しく
「かたつむり」と
発音しているのに
「こたつむり」にしか聞こえない。


背中にこたつをしょって
のろのろと部屋を移動する。
ちょっと先にある雑誌を取る時も、
トイレに移動するときも
こたつと一緒。


すてき・・・あったかい・・・こたつむり。


「上下とも同色でコーディネート♡」
昨日読んだファッション誌に感化され
濃紺トレーナーと
濃紺パンツ(注:下着でない方 長ズボン)で
出勤しました。

会社の鏡で見てみたら
上下の色が違いました。
上は濃紺、下は黒。
くろぉぉぉ〜⁉
これまで濃紺だと思っていたのにっ!


去年買ったパンツなんですが
本当の濃紺と比べてみて
今日初めて黒だと気がつきました。
でもこれまで濃紺パンツとして
ちゃんと活躍してくれたのです。


“強い思いが見たい世界を見せてくれる”

こんな言葉が浮かびました。


てことは鏡に写る
私の顔は綾瀬はるかで
BODYはモニカ・ベルルッチで・・・
はるかでモニカで・・・はるかでモニカで・・・


気になった言葉は手帳に書き留めています。

誰かに言われた言葉。
自分で思わず言ってしまったフレーズ。
本に書かれていた文章、などです。

すでに今年のNo.1フレーズ大賞は決まっています。
「人生どん底でも一日一回は笑えることが起こる」
(詳しくは7月25日に書いたパー通をご覧ください)


その他にも珠玉の名言が数々ありました。

「利他」→人のために生きること
「アファメーション」→私はできる!と自分に言い聞かせる
「ホカホカ」→ボノボ(猿)のコミュニケーション術
「すり足は左足から」→狂言の基本
「キレてる人には」→甘いものを与えろ

これらの言葉のおかげで
ちょっとは成長できている、と思いたい。