昨日友達と
冬だから憧れる食べ物について
語り合いました。

ひとりはおでん。
私はなべ。
もうひとりは特に発言なし。
“憧れ”というテーマであるのに
出てくるものが「おでん」と「なべ」とは。
そう、ゆうべは寒かったのです。
寒さがそう言わせたのです。


おでんの最強ネタは
大根で一致。
ただハンペンも捨てがたいという意見も。


そしてなべ。
あっさり系がいいな。
フグなべ食べてみたーい。
食べたことある?
なーい。
クエなべは?
あるわけなーい。


憧れは
手の届く範囲で抱くものなのか。
それとも創造の中で尊ぶものなのか。


「帰りコンビニでおでん買ってかーえろ」
前出の発言なしの友人のひとことで答えがでました。
手の届く範囲で。


信号が青になるのを待って
横断歩道を渡るネコを見かけました。

「誰も見ていなくても正しいことをする」


自分は小脇におさまり
飼い主を散歩させている小型犬を見かけました。

「輿馬(よば)を仮る者は足を労せずして千里を致す」


自家用車で通勤中
隣に並んだ車のドライバーにガン見されても
いまさらながら「Let It Go 〜ありのままで〜」を
熱唱する私がいました。

「厚顔無恥」


たぶん、明日になると忘れると思います。


ついつい声が出てしまう状況。
正義感の強い人は
ゴミをポイ捨てする人を見たら
注意をしたくなるでしょう。
お母さんは
我が子(乳幼児)を目の前にしたら
「かわいいでちゅねー」
などといった言葉が出るでしょう。

私の場合。
フィギュアスケート・グランプリシリーズを見ていると
黙っていられません。

むらかみだいすけー!
後半のコンビネーションジャンプが、あぁぁ。

うのしょーまー!
ふぉー、ジャンプすべてクリア!


今まさに、テレビ観戦中です。
見て、叫んで、書いて
忙しいです。
でも楽しいです。

(11/14 17:00記載)


ドラえもんのポケットからは
ひみつ道具が出てくる。

ふしぎなポケットだったら
たたくとビスケットが増える。

しかしせきねのポケットだと
マスクが出てくる。
それも使用済み。


この時期はできるだけ
マスクを着用するようにしています。
はずすとポッケに入れて
そのまま忘れてしまいます。
自分で使ったものだけど
時間がたつとなんだかヤな感じ。


マスクが食べられたらいいのに。
餃子の皮やうす焼きたまごみたいに
おいしかったらいいのに。
はずしたいタイミングで
思い切り吸い込んでモグモグ。
ポッケ入れ忘れ防止になるし
手を使わずおやつをいただける。
ゴミも出ず、エコだ。