「人生どん底でも一日一回は笑えることが起こる」

これは先日会った友人から聞いた言葉。
どん底どころではない
苦難を乗り越えた後に思ったことだそうです。


つらい時は目を閉ざしがちですが
ちょっと顔をあげてみれば
笑顔になれるコトが見つかる。
見つけることをあきらめなった
彼女の強さと前向きさに
胸を打たれました。
我が友ながらすごいぜベイベー!


2015年は折り返したばかりですが
今年のNo.1フレーズ大賞決定です。
おめでとうございます。
賞品は関根からの祝福のキッス1年分です。
(たぶんいらねー)


「日傘をささなそうな女」

ちょっとした知り合いに
私という人間をこう表現されました。
つまり自身に無頓着ということか?

正解です。
面倒なので日傘は使いません。
でも暑いので夏の直射日光は避けて日陰を探します。
動くガジュマル、マングーカズラです。


それともモネの絵のように
ふんわりやんわり感がなく
輪郭がしっかりくっきりしているということか?

不正解です。
体のいろんなラインは
ぼんやりしてきています。
インナーマッスル鍛えねばっ!





出かける前に必ずすること。
・電気を消す。
・戸締りする。
・飼い猫に後ろ髪ひかれる。
いろいろありますが
私の場合することのひとつに
「香水をつける」があります。

なかなかのおしゃれさん。
と、言いたいところですが
香りを身につけるとは
武士でいうところの鎧兜をつけるのと同じ。
社会という戦場に向かうための
私なりの武装です。

そんな話を友人にしたら
「私の場合はアクセサリー
 指輪を何個かつけないと落ち着かないわ」
だそう。


この話、よーく考えてみたら
非常に動物的かなと。
私はマーキングしたがる犬。
友人は美しさをアピールするクジャクか?
どっちにしてもオスだけどね。


先週はこうでした。






今週はこうです。




お菓子減っている!
お花が増えてる!
ならば補充。




おすすめはビスコ。


私が子どものころの
おやつマストアイテムは
ビスコと純露でした。
まだあるのかなぁ、純露。