靴のサイズがわかりません。
とくにヒールのあるパンプス、
いったい私は何センチなんでしょうか?

日や時間帯によって
23センチだったり
22.5センチだったり
22センチだったり。
満腹時と空腹時の
ウエストサイズほどではないですが
かなりの差があります。


このため様々な悲劇が・・・


・公道を歩行中に靴が脱げる
・脱げた拍子にすってんころりん
・小上がりでの飲酒後、靴がきつくて履けなくなる
・足がくさい

最後はサイズ感ゆえのものでなく
気象条件と私のポテンシャルの問題か。


今、歯医者にかよっています。

とてもいい先生です。

先日、処置中にいい先生が言いました。
「はっ!コレ、血ですかね!
 ごめんなさい、痛くしましたか?!」

痛くしてません。
たぶんそれ、
来院直前に飲んだ赤い野菜のジュース。
ジュースバーの生絞りだったので
おそらくトマトかリンゴの皮かと。

飲食後に歯も磨かずに来たことが恥ずかしく
真実を告げられませんでした。
てか、処置中で口を開けたままだったので
しゃべれませんでした。

すみません、先生は悪くありません。




久々に友人に会う。
とても楽しみにしている旨を伝えるため
メールにこう書きこみました。
「スキップして行きます!」

気持ちを表しただけですが
書いたからには・・・。

待ち合わせ場所に向かう途中
人目のない小路に入ったところで
やってみました、スキップ。

弾まない。
進まない。
リズムがとれない。

子どものころはあんなに上手だったのに。


子どもは心の有り様を
体で表現するのがとてもうまい。
大人になると
どうしてこうも下手になるのでしょう。

待ち合わせ場所にいた友人には
本当にスキップしてきたと伝えました。
努力は認めてもらいたい。


自動販売機から
「あったか〜い」ジャンルがなくなりました。
日中の気温が20℃を超える日が多くなれば
そりゃ当然です。

なれどなれど。
「あったか〜い」
が飲みたい気分の時が
あるわけですよ。
例えば、
・薄着をし過ぎた夜明け時
 (私にとってはヘッドライン前)
・センチメンタルな夕暮れ時
 (夕飯前で腹ペコ)
・一生懸命稼ぎ時
 (しゃべるときはあったかいものが助かる)

せめて冷たくしないで。
常温でお願い。
ほら、エコだし省エネだし。


大人なので
出かけるときは
化粧をします。

するはするんですが
すぐに落ちます。
とくに口紅。

ちょちょらにぺろぺろっと
塗っているだけだから
しょうがない。
そりゃ落ちます。

落ちた口紅の何割かは
体の中に入っていますよね。
いったい人生どれくらいの
口紅を味わうことになるのでしょうか。

できれば
おいしいとか
鉄分がとれるとか
口臭予防になるとか
なにかプラスアルファがあるとうれしい。


余談ですが
口紅を塗りなおすのが
めんどうな私の友人は
唇をぺちぺちたたいて
赤みを帯びさせます。
ワイルドだね。