私の身の回りには
「モイスチャー」と
書かれたものがあふれております。

化粧水もモイスチャー。
シャンプーもモイスチャー。
入浴剤もモイスチャー。

かさかさのこの身をうるおしてくれています。


そして心の渇きをいやしてくれるのは
わが愛猫(♀)。
そのまろやかな仕草が
ささくれだった気持ちをとかしてくれます。


動物病院でのできごとです。
「検温しますね。」
と獣医が彼女の○の穴に体温計をブスリ。
いわゆる、直腸温。

その様子を正面から見ていた私。
彼女はこれまで見たことのない表情を浮かべています。

私は愛猫と心がかよいあっています。(たぶん)
思わず、彼女の気持ちを代弁しました。
「こんなの・・・はじめて・・・」

獣医はその言葉を無視しました。


春なのに、世間には木枯らしが吹いているのですね。

モイスチャー、ください・・・。